エアコンの試運転はお早めに!

生活の小ネタ

とっちゃん@nyanco! です。

本格的に暑くなる前にエアコンの試運転をしたよというお話です。

スポンサーリンク

まだエアコンをつけるのは早いけど

だんだん気温が上がってきて暑くなってきましたが、まだエアコンを動かす必要はないレベルですよね。

でも、このぐらいの時期にエアコンの試運転をしておく方が良いのです。

その理由は…

エアコンに不具合があった時に早目に対応できるから!

家電は毎日のように使っていると異変に気付きやすいのですが、エアコンのように長期間オフシーズンがあるものはそうもいかないですよね。

「もう暑くて寝れないからエアコンつけよう!」といざ動かしてみたら、「何か異音がする…」とか「送風しかできない…」「そもそも動かない…」なんてことになったら目も当てられません。

早めの試運転をして正常に動作するかを確認しておけば、こういった目に合わなくてすみます。

冷房機能だけでなく、ドライ機能や送風など、一通りの機能を確認しておくとより安心です。

本格的なシーズン直前は修理業者も混み合う可能性が

試運転して何かおかしなところが見つかっても、修理業者に余裕を持って依頼できるのも、「早目に試運転」の良いところです。

これが本格的なエアコンシーズン直前だと、修理業者も混み合っている可能性が高く、依頼しても修理は一週間後…なんてことにも!

真夏にエアコンなしで一週間なんてシンプルに地獄ですよね…

特に今のご時世、テレワークでエアコンの需要も増えてそうだし、真夏にエアコンなしで作業なんてたまったもんじゃありません。

是非、早目の試運転で真夏への下準備をしておきましょう。

修理業者さんですが、会社の同僚が「くらしのマーケット」というサイトを利用したら通常より割安で修理できて良かった!とのことでしたのでいかがでしょうか~。

「くらしのマーケット」、最近CMも良く見ますししっかりやってくれそうですよね!

おわりに

ちなみに筆者の自宅のエアコンはちょうど一年前にクリーニングをしてもらってるので大丈夫だとは思いつつも試運転をしてみると、バッチリ動いてくれました。

これで安心して真夏を迎えられそうです♪

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

コメント