WEB / アプリ

【DVDStyler】「選択した映像ファイルはDVDに収まりません」エラーでDVD作成ができない時の解決方法

WEB / アプリ
この記事は約2分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はDVDStylerで「選択した映像ファイルはDVDに収まりません」と出てDVD作成ができない場合の対処法のご紹介です。

スポンサーリンク

「選択した映像ファイルはDVDに収まりません」と出てDVD作成ができない場合

DVDStylerでDVDを作成しようとすると、

選択した映像ファイルはDVDに収まりません。映像品質(ビットレート)を落とすか、タイトルを減らしてください。

と表示されてできない場合があります。

映像ファイルのサイズが大き過ぎる(高画質過ぎる)再生時間が長過ぎる(基本的な画質で126分まで)など原因は色々ありますが、簡単に試せて効果のある方法をご紹介します。

基本設定:映像のビットレートを「自動」に

まず、基本的に設定しておくべきポイントはこちら。

「DVD」→「オプション」で開くプロパティウィンドウの「映像のビットレート」「自動」になっているか確認します。

肉玉にゃんこ

こちらが「自動」になっていれば、DVDに収まるように映像画質を自動で調整してくれますにゃ~

…となるはずなのですが、時間的にもサイズ的にも問題ないにも関わらず、下記のDVD作成ができないエラーが出ることがあります。

選択した映像ファイルはDVDに収まりません。映像品質(ビットレート)を落とすか、タイトルを減らしてください。

肉玉にゃんこ

打つ手なしでお手上げ状態ですにゃ~

解決法:「ディスク容量」を「無制限」に

エラーが出る原因がDVDStylerのバグなのか、もっと深い設定の影響なのか分からないですが、以下の設定をすることで無事にDVD作成ができることが多いのでご紹介。

「DVD」→「オプション」で開くプロパティウィンドウの「ディスク容量」「無制限」に変更します(デフォルトは「DVD-5(4.7 GB)」となってるはずです)。

設定はたったこれだけでOK!

再度「DVD書込み」をクリックすると…

エラーは出ず、「書込み」ウィンドウが表示されました!

あとは「開始」をクリックするとDVDが作成ができます

おわりに

DVDStylerでナゾのエラーにお困りの方、是非お試しください♪

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント