WEB / アプリ

【Excelの小技】TSVやCSVを超簡単にエクセル形式として開く方法

WEB / アプリ
この記事は約1分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はエクセルの小技「タブ区切りテキスト(TSV)やCSVを超簡単にエクセル形式として開く方法」のご紹介です。

タブ区切りテキストCSVファイルについてはこちらの記事をどうぞ。

通常、エクセルのネイティブファイル(「.xls」や「.xlsx」)でないファイルをエクセルで開こうとした時、「ファイル」メニュー →「開く」から該当ファイルを選択して開く、といった手順でやられてる方が多いと思いますが、そんなことをせずとも超簡単に一瞬で開く方法があります。

早速ですが、下記をご覧ください。

一瞬過ぎて何をやっているのか良く分からないかもですが、やっていることは以下の通りです。

エクセルのウィンドウ(新規でも既存のファイルでもなんでもOK)に「タブ区切りテキストファイル」をドラッグ&ドロップ

たったこれだけで、新規のエクセルファイルとして「タブ区切りテキストファイル(またはCSVファイル)」を開くことができます。

知らなかった方は是非お試しください♪

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント