藤井 風さんの名曲「帰ろう」について語る

音楽

とっちゃん@nyanco! です。

今回は夫婦でドはまりしているアーティスト藤井 風さんの「帰ろう」という曲がとにかく良いから勝手に語るよというお話です。

スポンサーリンク

隠れた名曲「帰ろう」

藤井 風さんの現在の代表曲は?と聞かれれば「何なんw」「優しさ」と答えます。

この2曲はMV(ミュージックビデオ)を含めてもちろん最高なんですが、ファーストアルバム「HELP EVER HURT NEVER」のラストを飾る「帰ろう」隠れた名曲だと思ってます。

YouTudeでフルで視聴できるのでまずは聴いてみてください。

初めて聴いた時は正直、アルバム内の他のキャッチーな曲に耳が奪われてしまい、
「なんだかノスタルジックで心地好い曲」といった程度の印象でした。

しかし!

聴けば聴くほどその心地好さが増していき…

いつの間にか、まるで優しい「風」に包まれているかのような心地好い癒しを感じるようになり、アルバム一番の心に沁みる名曲という位置づけとなりました。

もうマイナスイオンたっぷりで癒し効果ハンパないのです。

後で知りましたが、この「帰ろう」本人にとっても特別な曲なんだそうです。

優しい曲調だけどどこか力強さを感じるのは、曲にこめられた思いがそれだけ強いということでしょうか。

曲展開も素敵

曲の展開としては、後半からリズム隊が加わるのですが、個人的にはストリングスとピアノメインで演奏される前半の浮遊感がたまらなく好きです。

リズム隊が入って力強さが加わり壮大になっていく後半の展開も相まって、アルバムの最後を締めくくるにふさわしい、まさに名曲と言えます。

達観した歌詞も深みがすごい

歌詞の内容も達観していて深いです。

20代前半とまだまだ若いのに、まるで円熟期に達したアーティストが書いたよう。

AppleMusicのアルバム紹介のコメントを見ると、この曲は「死生観」について歌ってるとのこと。

初めはなんとなく「恋人との別れ」についての歌なのかなと思っていたのですが、もっともっとも〜っと深い内容でした。

改めて歌詞を読むと、「死」を考えるからこそ、今生きてることに感謝し、流されず強く生きて行く、といった思いを感じます。

他にも色々と考えさせられるフレーズはありますが、その中でも特に好きなフレーズはこちら。

憎みあいの果てに何が生まれるの
わたし、わたしが先に 忘れよう

引用元:藤井 風「HELP EVER HURT NEVER」

…達観してますよねぇ。

本当に人間という生き物は、憎みあうという何も生み出さない行為なくして生きて行くことはできないのだろうか?と思うことが多々ある世の中。

こんな阿呆なゲームはイチ抜けるに限ります。

9月4日にミュージックビデオ公開!

この「帰ろう」という楽曲、2020/08/30現在はミュージックビデオがないんですが、現在製作中で9/4(金)23:00にYouTubeで公開されるとのこと。

先だってティザー映像が公開されてますね。

このMVの監督はこれまで椎名林檎東京事変Perfumeなど大物アーティストのMVを手掛けてきた児玉裕一さんという映像ディレクターの方で、これは否が応でも期待が高まりますね!!

この名曲をどんな風に映像化してくれるのか…!

当日は公開10分前くらいから藤井風さん本人がYouTubeで生配信をするそうなので、筆者はパソコン前に鎮座して待つ予定です。

おわりに

しばらく新しい音楽に触れることから離れていたのですが、この藤井風というアーティスト、どうにもツボにはまってしまいました。

まだまだ世間的な認知度は低いと思いますが、その分、今後どのように活動の幅を拡げていくのか見守っていきたいと思います。

直近ではとにかく「帰ろう」のミュージックビデオが楽しみですね!

あとは予約しているアナログレコードも9/23発売と、こちらも楽しみです♪

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント