風しんのワクチン接種を受けてきたよ

健康

とっちゃん@nyanco! です。

以前、「風しんの抗体検査を受けた」という記事を書きましたが、その続きです。
風しんの抗体検査を受けてきたよ – nyanco! ブログ

10日~2週間後には検査結果が出てるということで病院に電話して確認したところ…

なんと私には抗体がないことが判明!!

「7割の人は抗体をすでに持っている」と聞いており、自分のその7割に含まれているだろうとなんとなく思ってたのでちょっとビックリ。

そして、検査しておいて良かったなぁと思いました。

ワクチンの無料チケットもあるし、早速ワクチン接種を受けに行きました。

スポンサーリンク

ワクチン接種の流れ

抗体検査を受けた病院の受付で、ワクチン接種を受けに来たと伝えると、「定期接種予診票」という問診票のようなものを渡され記入。

主な内容は「現在の病気・投薬の状態」や「過去の予防接種で何か不具合があったか」みたいな感じ。
あとは体温計を渡され、ワクチン接種前の体温として記入。

その後診察室にて医師からもろもろの説明を受けました。

副作用などが起こることはほぼないけど可能性はゼロではないので一応体調には注意とのこと。
基本、普段通りの生活で問題ないけど「激しい運動」「多量の飲酒」は控えてねと。
入浴も大丈夫だけど注射部位をこすらないように注意と。

素朴な疑問として「このワクチン接種でできた抗体は永久的に残るのか?」と聞いたところ、抗体は永遠ではないけど今の年齢(40歳)を考えると生きてる間は大丈夫だろうとのこと。

ワクチンは「風疹」だけではなく「はしか(麻疹)」も同時に摂取とのことでした。
混合ワクチン(MRワクチン)といって、より確実に免疫をつけるためのものらしい。

もろもろ了承の上、いざワクチン接種。

そういえばワクチン接種なんて随分久しぶりで、注射部位が二の腕の外側でちょっと意表をつかれたけど、注射にはとても手慣れた人らしく痛みもほぼなくワクチン接種は一瞬で完了。

「ワクチン接種証明書」を受け取ってあっという間に終了しました。

接種前に記入した「定期接種予診票」も返ってきたのですが、そこに無料チケットが貼り付けられており内容を見ると「接種費用:9,200円」との記載がありビックリ!(金額が記載されてあることに今頃気づきました ^^;)

かなりお得なチケットだったんですね〜。

ということで、無料チケットが届いてる方はサクッと検査に行っておくと安心ですよ~。

自分自身はもちろんのこと、周りの人たち(特に妊婦さん)やお子さん、家族のみんなを守るために!

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント