【Stay Home】「和」で素敵なショートホラーゲーム「幽霊ステーション」のご紹介

ゲーム
この記事は約2分で読めます。

【Stay Home】「和」で素敵なショートホラーゲーム「幽霊ステーション」のご紹介

とっちゃん@nyanco! です。

Stay Homeを有意義に過ごすためのニッチなコンテンツ「雰囲気抜群なショート和ホラーゲーム(実況)」のご紹介です。

下記のようなお話が好きな方におすすめコンテンツです♪
・ほんのりホラー
・不思議系
・「和」な雰囲気が好き

YouTubeでホラーゲーム実況を観るのが趣味な私。

色々見てる中で、まるで『まんが日本昔ばなし』のような雰囲気と新しい表現方法を用いたショートムービーのような作品に出会ったのでご紹介します。

ホラーゲームというくくりではありますが、ぶっちゃけ雰囲気が少し怖い程度のレベルかつ、18分程のボリュームなので気軽にサクッと見れる作品だと思います。

実況者のオダケンさん絶叫で有名な方ですが、この作品では残念ながらその絶叫は聞けません 笑

オダケンさんのクスッと笑えるトークも別軸で楽しめるので「ホラーは苦手…」という方も是非どうぞ!

▼超怖いホラーゲーム実況を見たい方はこちらをどうぞ〜
https://blog.nyanco.me/devotion_horror-game/

スポンサーリンク

「幽霊ステーション」

「幽霊ステーション」という、なんともどストレートなゲームタイトル

こちら、なんとフランスの方がとあるワークショップで20数名の学生たちとたった2日間で作った!作品とのこと。

ざっくり内容は、一人の女の子が電車に乗っているシーンから始まり、とある駅から知らない町へ降り立つ…といった感じです。

女の子の独白を挟みながら物語が進んで行きますが、具体的なことは分からず、想像力を掻き立てられます。

また、外国人が描いたとは思えないほどの「和」の雰囲気たっぷりの水彩で描かれた絵のタッチがとにかく素敵で、さらに深い世界へ連れて行ってくれます。

さらに、秀逸で新しいと感じたのが「一枚絵の重ね合わせと多重スクロールによる立体感の表現」です。

特に電車を降りて町に向かうシーンを初めて見た時は「おおおーっ!」となりました。

▼そのシーンのスクショです。
引用元:幽霊ステーション

一枚絵としても十分美しいですが、これが立体感と奥行きをもって綺麗に動きます。

18分で終わるのがもったいないくらい。

是非、この手法・世界観で長編を作って欲しいなぁと感じた作品でした。

ではではこちらからご覧ください〜!

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント