【iOS 14】「ピクチャ・イン・ピクチャ」がいきなり使えなくなった?理由と設定方法

iPhone
この記事は約3分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

iOS14の新機能「ピクチャ・イン・ピクチャ」がいきなり使えなくなった?理由と設定方法というお話です。

スポンサーリンク

昨日までは使えていたのに…

iOSのメジャーアップデート、iOS 14が2020年9月17日からアップデートできるようになりましたね!

今回のアップデートで色んな機能が追加されましたが、中でも「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能が良さげだったので早速アップデートして試してみました。

ピクチャ・イン・ピクチャとは?

小さいウィンドウでビデオを視聴しながら、他のアプリを使用することができる機能です。


▲こんな感じで、マルチタスクがはかどります!

2020年9月19日現在の対応アプリ

・Apple TV
・Amazon プライム・ビデオ
・FaceTime
・Netflix

…まだまだ少ないですね ^^;

出典元:iPhoneユーザガイドさくっとふぉとらいふ

この「ピクチャ・イン・ピクチャ」、実際に使ってみるとビデオウィンドウの位置やサイズも自由に変更できるし、一時停止や早送り・巻き戻しなど簡単なコントロールもできちゃうし、「これは良い!!」と感激していたら…

いきなり規制がかかり使えなくなった??

翌日早速また使おうとしたら、なぜか使えなくなっていました。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」のウィンドウは一瞬表示されるんですが、すぐに消えてしまいます。

「ん?何かやり方間違えてる?」と何度か試すも変わらず。

よくよく調べてみると、どうも規制が入り、YouTubeの「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能はYouTube Premium会員のみが利用できる仕様に変更されたようです。

なぜ規制がかかったのか?

YouTube Premium会員のみの特典機能だった「バックグラウンド再生」と同等のことが「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能できてしまうというのが規制理由のようです。

確かに「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を使うと他の作業をしながらでもYouTubeの再生ができてしまいますもんね…

というわけで、iOS14でせっかく追加された「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能をYouTubeで使いたければ、YouTube Premium会員になるしかなさそうです。

そもそも、2020/09/19現在ではYouTubeアプリにも対応してない(ブラウザのYouTubeのみ対応)し、他の対応アプリもあまり使わないものばかりなので、この「ピクチャ・イン・ピクチャ」、ほぼ使うことがない機能になってしまうのでは??と感じております。

一応、設定方法

最後に、今更感がアリアリですが、設定方法などの動画を作っていたので貼っておきます ^^;

iOS14「ピクチャインピクチャ」の設定方法とすぐに消える原因 – nyanco! ブログ

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

コメント