「ガイアの夜明け」でも紹介された「洗たくマグちゃん」というエコな商品が凄そう!

この記事は約4分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は、「ガイアの夜明け」でも紹介された「洗たくマグちゃん」というエコな商品が凄そう!というお話です。

LAKORE」という良く行くお気に入りのショップの雑貨コーナーでたまたま見つけたこの「洗たくマグちゃん」という商品。

「洗剤を使わない、やさしいお洗濯」というキャッチコピーに惹かれ詳しく調べてみると…

これは凄い商品だと思いました!!

ざっくり言うと、この「マグちゃん」を洗濯時に洗濯機に入れておくだけで、ただの水道水が「非常に高い洗浄力を持つアルカリイオン水」に変化して汚れや臭いをスッキリとってくれる、というものです。

マグちゃんの正体は「高純度マグネシウム」。
マグちゃんの「マグ」は「マグネシウム」から来てるってことですね。
マグネシウムは水に入れると、水素の気泡を発生させ、水をアルカリイオン水に変える性質があるそうです。

口コミで人気が広がり、ECサイトのレビューも高評価がとても多い印象。

2018年にはなんとあの「ガイアの夜明け※」でも紹介されたとのこと!

※「ガイアの夜明け」とは
「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉え、「夜明け=ニッポンの再生」を目指して奮闘している人たちを追いかける本格的ドキュメンタリーという意味合いが込められています。
引用元:番組紹介|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

この商品を開発したのは「株式会社宮本製作所」という金属加工会社。
こちらの会社、従業員は25名といういわゆる”町工場”で、金属を加工する際に大量に出る「マグネシウムの削りカス」が「マグちゃん」が生まれるヒントになったそう。

今までは捨てるだけだった「産業廃棄物」を「商品化」してしまうアイデアがとっても素敵かつ、しかもヒットさせる(マグちゃんだけの売上が年間5億!)という流れがなんだかドラマ「下町ロケット」を彷彿させます。

しかも!「マグちゃん」だけを使った洗濯排水を使うと肥料や農薬を使わないで野菜が栽培できるという…!

「洗濯排水が野菜の栽培に使える」ってだけで凄いですが、寧ろ「マグちゃんの洗濯排水には野菜にとって必要な栄養素が含まれている」ということで、「マグちゃんの排水で作った野菜」をブランド化して売り込む新事業もスタートしているとか。

仕事柄、「循環型社会」というキーワードに触れることが多いのですが、そういう面でもかなり凄い商品なのではないかと!

ざっくり凄いところをまとめると…

・原材料は金属加工時に出る廃棄物
・洗濯排水が綺麗!(野菜も栽培できるほど)
「地球に優しい」ポイントですね。野菜を栽培できる水であれば、飲料水としてもいけるんでは??と思いましたがどうなのでしょう?
・お肌に優しい(お肌が弱い人や赤ちゃんにも安心!)
・お財布にも優しい(容量5kgの洗濯機なら、マグちゃん2つ(約4,000円)で約300回使える!)
・洗剤を使わないから、すすぎも1回で良い(電気代・水も節約!)
・洗濯槽・ホースも綺麗になる(洗濯槽クリーナーも不要!)

…と、若干興奮気味でざーーっと紹介してしまいましたが、肝心の洗濯能力はほんとのところどうなのか?という疑問に当然行き着きます。

ということで実際に買って試してみました!

買ったのは「ランドリーマグちゃん」という、「洗たくマグちゃん」のバージョンアップ商品?のような位置付けのものです。
基本性能は大きく変わらないみたいですが、「ランドリーマグちゃん」なら5kgの洗濯機でも1個で良いし、パッケージもおしゃれなのでこちらをチョイスしました。

使用してみたレビューはまた後日報告いたします。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント