【光BBユニット】「EWMTA2.2」→「EWMTA2.3」に機種変更手続きしてみたよ

IT

とっちゃん@nyanco! です。

今回はSoftbankの光BBユニット「EWMTA2.2」から「EWMTA2.3」に機種変更手続きしてみたよというお話です。

光BBユニット機種変更手続きはネットで簡単・無料でできるので、手持ちの機種が旧型でWi-Fiの通信が遅いと感じる人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

そもそも光BBユニットとは?
ソフトバンク光からレンタルできる、無線LAN機能が内蔵されたルーターです。
スポンサーリンク

なぜ変更しようと思ったのか?

ズバリ、Wi-Fiの通信速度が遅い・途切れるからです。

テレワークでWi-Fiに接続するデバイスが増えてからさらに顕著になりました。

「光BBユニット」について調べてみるとあまり評判がよろしくなく、市販されているルーターに変えたら速くなった!」という話も良く目にするので、バッファローあたりのルーターでも買ってみようかなと思っていたのですが、色々調べているとどうも「光BBユニット」には「EWMTA2.1/EWMTA2.2/EWMTA2.3」という型番違いがあり、最新にあたる「EWMTA2.3」以外はルーターとしてのスペックが低いとのこと。

さらに手持ちの機種が最新でなければ、無償で最新機種に交換してくれるらしいのです!

家にある「光BBユニット」の型番を調べてみると「EWMTA2.2」だったので、即効で交換手続きすることにしました。

「EWMTA2.2」と「EWMTA2.3」の違い

「EWMTA2.2」「EWMTA2.3」主な違いをまとめました。

EWMTA2.2 EWMTA2.3
有線 最大1Gbps 最大1Gbps
無線 最大300Mbps 最大1.3Gps
対応周波数 2.4GHzのみ 2.4GHzと5GHz
無線LAN規格 IEEE 802.11b/g/n IEEE 802.11b/g/n/a/ac

出典元:https://wifinomori.com/softbankhikari-slow/

無線の速度が大きく違いますよね!

また対応周波数「5GHz」が増えてますが、これも大きな違いです。

というのも「2.4GHz」帯は電子レンジなどの家電や、Bluetoothマウスなどで使われており、干渉しやすく混み合ってる電波帯なので、ここを避けれるのは大きなメリットと言えそうです!

期待が高まりますね。

ではでは続いて交換手続きの流れです。

「光BBユニット」交換手続きの流れ

ソフトバンクの下記ページにアクセスします。

▼少し下にスクロールすると「交換をお申し込みされるお客さま」という見出しがあり、機種交換が可能と書かれています。

※「E-WMTA2.1」からの交換についてしか書かれていませんが、「E-WMTA2.2」から「E-WMTA2.3」の交換手続きも可能でした!

▼ページ一番下にある「申し込む」から手続きできます!

My SoftBankのログイン画面になるのでログインをします。

「光BBユニットオプションサービス利用状況確認」という画面に移動します。
「E-WMTA2.2」利用中「E-WMTA2.3」未使用と現状と一致しています。

▼下にスクロールして「変更」をクリックします。

「同意する」にチェックを入れて「確認する」をクリックします。

「機器を変更する」にチェックを入れて「EWMTA2.3」にチェックを入れます。

「ご契約に関する書類の送付」についてはお好きな方にチェックをして「確認する」をクリックします。

ちなみに筆者は「SMS」にしましたが、夜に申し込んで翌日の朝9時にメッセージが届いてました。

確認画面で内容を確認します。
「EWMTA2.2」解約するで、「EWMTA2.3」利用するで間違いないですね!問題なければ「申し込む」をクリックします。

下記のような画面になれば無事に手続き完了です!お疲れ様でした。

おわりに

あとは光BBユニット「EWMTA2.3」が自宅に届くのを待つだけです♪

ルーターを変えることで通信が遅い・途切れる問題が解決したら良いのですが、こればかりは試してみるまで分からないですね。

また到着したらご報告いたします。

2020/04/30追記
本日佐川急便よりBBユニット到着しました!
申し込み後、5日後の到着となります。
通信環境改善したのかどうかはまた別記事で報告いたします。

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント