【UiPath】「アクティビティは存在しない」エラーの対処法

RPA
この記事は約2分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

UiPathの「アクティビティは存在しない」エラーの新しい対処法というお話です。

UiPathのプロジェクトを編集しようと開くと、またまた出ました!

「このアクティビティは存在しないか、正常にロードできませんでした」

時々忘れたころに出てくるこのいや~なエラーメッセージ

以前、対処法を以下記事で紹介していましたが、その方法でもエラーメッセージは消えず…

改めて、他に対処法はないかと調べてみることにしました。

スポンサーリンク

最新のアクティビティ・パッケージをインストールする

UiPathの公式サイトでこんなページを発見!

結論からいうと、このページに書かれてある内容でスッキリ解決できました!

やり方はとっても簡単ですが、備忘録のため書いておきます。

1.UiPathを起動して、メニューの「パッケージを管理」をクリック、もしくはショートカットキー「Ctrl + p」を押す。

2.パッケージマネージャが起動するので、情報を確認。

上の二つ、パッケージ名に「Excel」と「Mail」とあるのは今回のプロジェクトでは使用してないアクティビティなので関係なさそう。

なんとなくですが、「UiPath.UIAutomation.Activities」というのが怪しく思い、インストール済のバージョンも少し古いようなので、最新バージョンに更新してみることに。

といっても簡単で、最新バージョン(今回は「19.8.0-ce」)をドロップダウンリストから選択し、隣の「更新」ボタンをクリック→下の「保存」ボタンをクリックするだけ。

「依存関係をダウンロード中…」がしばらく続き…

「ライセンスへの同意」ウィンドウが開くので、「同意する」をクリックでOK!

「ダウンロード」画面後、プロジェクトの画面に戻ってきますが、この時点でエラーメッセージが消えてました!

まだエラーメッセージが残っている場合でも、他のパッケージ全て最新バージョンに更新するとオッケーな気がします!

こんな機能があったんですね~。
勉強になりました。

…というか、アプリ本体と同様に自動で最新バージョンにしてくれたら一番楽なのですが、されないのは何か理由があるのでしょうかね?

まぁそんなに頻繁に起こることでもないし、新しい対処法が分かったのでよしとしましょう♪

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント