RPA

【UiPath】変数にランダムな数値を代入する方法

RPA
この記事は約2分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は、【UiPath】変数にランダムな数値を代入する方法の備忘録です。

結論、とっても簡単でした!

スポンサーリンク

変数にランダムな数値を代入

まずは変数を作成します。

UiPath 変数の作成

「名前」は適当でOKです。今回は「test」としました。

「変数の型」は数値なので「Int32」「スコープ」「シーケンス」とします。

最後の「既定値」がポイントです!下記の式を入力します。

new Random().Next(0,100)

式の意味は、0から99までの間でランダムな数値(乱数)を取得する」といった感じです。

式の最後の (0,100) 「0から99」を表しているので、ここの数値を変えれば任意の範囲で乱数を取得できます。

記事執筆当初、 (0,100)「0から100」を表していると書いていましたが、「0から99」の間違いだとご指摘をいただき、試してみたところその通りだったので訂正いたしました。
Random.Next(Min,Max)という式で、Maxは「-1」されるとのことです。
参考:日曜プログラマーの休日

「メッセージボックス」で動作確認

アクティビティ「メッセージボックス」で変数「test」を表示させて動作を確認します。

UiPath メッセージボックスの設定

実行すると、下記のようにメッセージボックスに数値が表示されます。

UiPath メッセージボックス

実行するたびに、毎回違った数値が表示されていれば成功です!

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント

  1.    より:

    (0,100)とした場合0~100ではなく0~99が取得されると思われます。
    UIPATHで確認した訳ではありませんが慣例的にそのはずです
    100ぐらいなら問題ありませんが50%やサイコロ程度の事をする場合引っかかる方が出るかもしれません

    • とっちゃん とっちゃん より:

      ご指摘ありがとうございます!
      new Random().Next(0,3)で試してみたところ、30回実行して「0,1,2」しか出てこなかったのでおっしゃる通りでした!
      早速、記事の見直しをさせていただきます。
      この度はコメントいただきましてありがとうございました!