【UiPath】StudioとRobotのバージョンが一致しないエラーで起動しない

RPA
この記事は約3分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は、UiPathが「StudioとRobotのバージョンが一致しない」というエラーで起動しなくなったけど、とりあえず起動させることはできたよというお話です。

スポンサーリンク

UiPathが起動しない!

UiPathが突然、謎のエラーで起動しなくなりました。

▼こんなエラーメッセージが出るのです…

インストールされているStudioとRobotのバージョンが一致しません。マシンを再起動して、もう一度試してください。

StudioとRobotのバージョンが一致しない??

良く分かりませんが、「マシンを再起動」と書いてるので素直にパソコンを再起動することに。

パソコンのちょっとした不具合は大抵直してくれる「再起動」ですが、今回は直らず… ^^;

Google先生に聞くも、「再起動で直ったよ」という記事が1件あるだけで他に有力情報はありませんでした。

最近バージョンアップデートされていた

UiPath Studioは無料で使える代わりに自動でアップデートされていく仕様なので、以前もアップデートされた後は起動しないことがありました。

ということでバージョンは今どうなっているのか確認してみます。

▼バージョンはこちらのディレクトリで確認できます。

C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local\UiPath

「app-20.2.0-beta0108」が最新バージョンで、「app-19.12.0-beta0061」が一つ前のバージョンといったところでしょうか。

更新日時を見ると、どちらも最近アップデートされたようです。
(一つ前のバージョンの方が更新日が新しいのが気になりますが)

どちらも「beta」とついてるのでベータ版のようですね。

念のため、最新バージョンの「app-20.2.0-beta0108」のフォルダ内にある「UiPath.Studio.exe」をダブルクリックで開いてみるも、やはり同じエラーで起動せず。

ついでに同じフォルダ内にある「UiRobot.exe」「UiPath.Studio.exe」のプロパティを見比べてみたところ…

「ファイルバージョン」を見る限り、どちらも「20.2.0.0」でちゃんと一致してます。

プログラムの内部的に違ってるということなんでしょうか。

そうなるともう分からないので、最新バージョンを使うのは修正アップデートされるのを待つしかないですね。

古いバージョンなら起動する!

UiPath Studioは自動でアップデートされていきますが、古いバージョンもしばらく残してくれているので、まさに今回のように最新バージョンで不具合が出た時には助かります。

「app-19.12.0-beta0061」フォルダ内にある「UiPath.Studio.exe」をダブルクリックすると無事に起動することができました!

既存の「.xamlファイル」を編集するには、いちいち「開く」メニューからファイルを指定しなければならない手間はありますが、とりあえずしばらくはこれで様子を見ようかなと思います。

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント