【スマートウォッチ】itDEAL SMART WRISTBAND W8を一ヵ月使ってみた感想

goods

とっちゃん@nyanco! です。

スマートウォッチのエントリーモデルとしてオススメ!itDEAL SMART WRISTBAND W8を一ヵ月使ってみた感想です。

新型コロナウィルスの影響でテレワークになり、運動不足が気になってランニングやウォーキングなどの運動を始めた方が多いかと思います。

筆者もその一人ですが、その運動のモチベーションアップのツールとして初めてのスマートウォッチを買って一ヵ月使い続けてみたので、その感想をお届けいたします!

チョイスしたスマートウォッチはこちら!

スポンサーリンク

エントリーモデルとしてピッタリ!約4,000円のスマートウォッチ

「itDEAL スマート リストバンド W8」という、楽天市場やAmazonでベストセラーになっている商品です!

Amazon.co.jp: itDEAL スマートブレスレット 防水 活動量計 スマートウォッチ 多機能 [ 心拍計 + 歩数計 + 睡眠検測 ] タッチ操作 Bluetooth4.0 IP67防水 着信通知 Line通知 SMS通知 iPhone iOS Android 日本語アプリ対応 (ブラック): パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: itDEAL スマートブレスレット 防水 活動量計 スマートウォッチ 多機能 タッチ操作 Bluetooth4.0 IP67防水 着信通知 Line通知 SMS通知 iPhone iOS Android 日本語アプリ対応 (ブラック): パソコン・周辺機器

約一ヶ月使ってみた感想

まず前提として、筆者は十数年間「腕時計」なるものを身に着けておりませんでした。

携帯電話を持つようになってからで、時間は携帯見たら分かるからという考えからです。

なので初めのうちはスマートウォッチを手首に装着しているだけで少し違和感がありましたが、それも1週間ほどで慣れました(スマートウォッチの中でもスマートな物だったからかも)。

何より、手首をクッと返すだけで時間が分かるというのはこんなに便利なことなんだ!と今更ながら再発見した次第です!

使ってみて良いと思ったポイント

すぐに時間が分かる!

繰り返しになりますが、今まで腕時計をしてこなかった身としてやはりこれは大きいですね。

ここで「画面ってずっと表示されてるの?充電持たないのでは?」という疑問が聞こえてきそうですがお答えします。

基本は画面はオフで真っ黒な状態ですが、手首をクッと捻るとその動きを感知して自動で数秒間オンになる、という仕様になってます(大体のスマートウォッチが同じ仕様だと思います)。

ちなみにスマートウォッチの代表格、Apple Watch(アップルウォッチ)の最新モデルSeries 5は常時表示ができるようになってます。

ランニング中の「Sport」モードが面白い!

「Sport」モードという機能があり、ランニング中の「経過時間」「心拍数」「消費カロリー」「歩数」の情報がウォッチの画面で確認できます。

スマートフォンアプリでも上記以上の情報が得られるアプリは沢山ありますが、ランニングってできるだけ手荷物はなくして身軽で臨みたいですよね。

スポーツウエアに着替えると特にですが、ポケットにスマートフォンを入れてランニングすると、ポケットの中でスマホがユサユサと揺れるので結構気になるんです。

その点、スマートウォッチであれば手首に巻いておけばユサユサすることもないし、「消費カロリー」「歩数」などが手元ですぐに分かるのでモチベーションアップにつながります。

充電が6日に一度で良い!

スマートウォッチの存在はずっと気になっていたものの、なかなか購入する気にならなかったのは、スマートウォッチの代表格Apple Watchが毎日充電しなければならないという点からでした。

スマートフォンやワイヤレスイヤフォン、その他もろもろ充電するデバイスが結構あるのでこれは結構大きな壁でした。

しかし!こちらのスマートウォッチなら、なんと6日に1度の充電で良いとのこと。

実際に一ヵ月使ってみても、平均で5・6日に一度の充電で使えております。

バッテリーの劣化スピードはまだ未知数ですが、とりあえずのエントリーモデルなので、一年持てばいいかなぁ思ってます。

本体に充電端子があるので、充電ケーブル不要!

こういったデバイスは通常、micro USBケーブルなどの充電ケーブルがないと充電できないのですが、こちらはなんと本体に充電端子があります!

▼リストバンドのベルトを外すと充電端子が出てきます

なのでパソコンなどのUSB端子に直接挿して充電ができちゃいます。

スリムだから着用しててもあまり気にならない!

画面が小さい分、本体がスリムなので着用しててもあまり気になりません。

▼本体と単三乾電池の大きさ比較です。横幅はかなりスリム!

睡眠記録をとるために就寝時にも着用してますが、慣れたら気にならないほど。

ただ、本体に少々厚みがあってシャツの袖が引っ掛かる時があるのでもう少し薄ければ最高でした。

▼本体厚み。ちょうど単三乾電池と同じくらいです

カメラが遠隔操作できる!

スマートウォッチでスマートフォンのカメラのシャッターを遠隔操作できるようになります。

ただ専用アプリの深い設定からしかこの機能を呼び出せないので、たまに使って遊ぶ程度のオマケ機能としてみてます。

使ってみてイマイチだったポイント

晴天時、外で画面が見にくい

正直、太陽の下では画面が見にくくなります。

白い文字はまだすぐに読めるのですが、他の色の文字の可読性がかなり落ちます。

リストバンドのベルトが蒸れる

リストバンドのベルトがシリコン製なので、運動をして汗をかくと結構蒸れます。

筆者は冬の寒い時期は全然大丈夫でしたが、初夏以上の気温で外をランニングすると恐らくかなり不快になりそうな予感がしております。

メッシュ状の交換ベルトなんかがあると良いなぁと思い探してみましたが、見当たらなかったですね。。

通知機能にムラがある?

アプリで連携したスマートフォンに届いたLINEなどのSNS通知をウォッチの画面で確認できる機能がありますが、どうも届いたり届かなかったりと不安定です。

設定の不備かも知れませんが、レビューでも同じような症状を良く見かけるので個体差なのかも?

なので、この機能目当てで買うのはあまりオススメしません~。

おわりに

イマイチなポイントも結構ありますが、まぁコスパ考えたら筆者的には十分に許容範囲内です。

スマートウォッチを着けるようになって嬉しかった出来事として、「歩くのが今まで以上に楽しくなった」こと。

手元ですぐに歩数が分かるのでどんどん歩きたくなり、会社に出勤した日の昼休憩時は散歩タイムとなってます(大体3000~4000歩くらい)。

スマートウォッチを実際に着用して生活してみることで、「こんな機能があればもっと便利なのに」と見えてくるものもあるので、エントリーモデルとしては十分な役割を果たしてくれております。

初めてのスマートウォッチを検討されてる方、候補の一つとしてチェックしてみてはいかがでしょうか?

Amazon.co.jp: itDEAL スマートブレスレット 防水 活動量計 スマートウォッチ 多機能 [ 心拍計 + 歩数計 + 睡眠検測 ] タッチ操作 Bluetooth4.0 IP67防水 着信通知 Line通知 SMS通知 iPhone iOS Android 日本語アプリ対応 (ブラック): パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: itDEAL スマートブレスレット 防水 活動量計 スマートウォッチ 多機能 タッチ操作 Bluetooth4.0 IP67防水 着信通知 Line通知 SMS通知 iPhone iOS Android 日本語アプリ対応 (ブラック): パソコン・周辺機器

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント