【雑記】セーターの良さに目覚めた40代の冬

雑記

とっちゃん@nyanco! です。

今まであまり好んで着ることがなかったセーターが好きになってきたという戯れ言です。

突然ですが、今まであまりセーターは好きではありませんでした。

1着も持ってないわけではないのですが、寒くなっても専らフランネルシャツばかり。

その理由としては…

  • セーターは電車の中などで暑くなり過ぎてしまうから
  • シャツなら暑くなってもボタンを外して調整できるから
  • シャツの襟が好きだから

という感じだったんですが、最近はフランネルシャツでは「寒い」と感じる場面が増えてきまして。

年齢のせいでしょうか ^^;

試しにセーターを着て出かけてみると「暑くなり過ぎる」こともなく。

毛糸に優しく包まれる感じがほっこりと良い感じ。

そして他にもセーターの色んな良さに気付いたのでまとめておきます。

スポンサーリンク

シャツと違ってボタンを留める必要がない

「なんて当たり前のことを!」と思われるかもですが、効率良くするのが大好きな私にとっては結構ポイント大きいです。

シャツであれば羽織ってから前ボタン7つくらいをポチポチ留める必要がありますが、セーターなら頭からガバッと着て整えたらもうOK!

このスマートさが気に入りました。

シワになりにくい

畳んで収納してもシワになりにくいのも良いです。

素材にもよるとは思いますが。

シンプルなのに表情豊か

セーターはシャツと違って、ボタンも襟もなくスッキリ見えるのがシンプル志向な私にとって良い感じ。
(もちろんスッキリ見えるシャツもありますが)

スッキリ見えるけど、編み目の太さや編み方の違いなどで表情豊かに見えるのもまた良いですね~。

まとめ

冬はいつもZOZOでフランネルシャツばかりを探していたのですが、今年はセーターばかり探している自分がいます。

一口にセーターといっても、色んなバリエーションがあって楽しいですね~

この冬はセーターを楽しもうと思います♪

ふと、ブランキーの「冬のセーター」を思い出したのでなんとなく埋め込み。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント