【WordPress】Ultimate Memberのカスタムテンプレート追加方法

wordpress

とっちゃん@nyanco! です。

WordPressで会員サイトを構築できる無料プラグイン「Ultimate Member」でカスタムテンプレートを追加する方法の備忘録です。

下記公式サイトでカスタムテンプレートの追加方法の記載がありますが、英語なので翻訳して理解したものを自分なりにメモしておきます。

スポンサーリンク

カスタムテンプレートの追加方法

0. バージョンは1.0.62以降、子テーマに追加がベター

まずプラグインのバージョンが1.0.62以上であることが必要です。

また、追加する場所はUltimate Memberのプラグインフォルダ内でも良いが、プラグインを更新すると追加したテンプレートは削除されてしまうので子テーマが良いとのことです。

1. 子テーマ内にディレクトリを作成

下記のように子テーマフォルダの中にディレクトリ(フォルダ)を作成します。

子テーマ/ultimate-member/templates/

2. 元のテンプレートファイルをコピー

オリジナルテンプレートファイルのファイル名が必要なので、デフォルトのテンプレートファイルを 1. で作成したフォルダにコピーします。

オリジナルテンプレートファイルは下記ディレクトリにあります。

wp-content/plugins/ultimate-member/templates

プロフィールページのテンプレートなら「profile.php」が元のテンプレートファイルとなります。

今回は例としてプロフィールページのカスタムテンプレートファイルを作成します。

3. テンプレートファイルのファイル名を変更

2. でコピーした「profile.php」のファイル名を以下のように変更します。

profile-xxxxxxx.php

赤字部分は任意の文字列でOKです(半角英数字・ハイフン・アンダーバーのみ使用できます)。

4. テンプレート内に1行追記します

3. のファイルをテキストエディターなどで開き、1行目に以下のように追記します。

<?php /* Template: profile-2 */ ?>

赤字部分は任意の文字列でOKです(ここは日本語も使えます)。
これが各設定のデフォルトテンプレートを選択するドロップダウンリストで表示される文字列となります。

以上でプロフィールページのカスタムテンプレートとして認識されるようになります!

あとはテンプレート内容を好きにカスタムするだけ!

おわりに

一度仕組みを理解すると簡単ですね!

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント