クリエイティブ

【YouTube】自分でアップロードした動画を高画質&まとめてダウンロードする方法【Google takeout】

クリエイティブ
この記事は約5分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

肉玉にゃんこ

自分でアップしたYouTube動画を高画質かつ一括でダウンロードできる方法ってないかにゃ?

といった方に役に立つ「Google Takeout(Google データ エクスポート)」というサービスをご紹介します!

昔にアップした動画を再編集したいけど、元のデータを削除してしまった…という方にもオススメのサービスです♪

スポンサーリンク

YouTube管理画面からもダウンロードできるけど…

自分でアップロードした動画は、YouTube Studioのコンテンツ画面から簡単にダウンロードすることはできるんですが、かなり圧縮された低画質のデータになってしまいます。

昔は、画質を選んでからダウンロードできていたようですが、今はもうできなくなっています。

画質に拘らないのであれば、この方法が一番手っ取り早いです。

参考までに、YouTube Studioからダウンロードしたファイル(下)Google Takeoutからダウンロードしたファイル(上)を比べると以下のように10倍以上の差となりました。

「いや、なるべく高画質の動画データが欲しい!」という方は本記事でご紹介する「Google Takeout」というサービスを利用すると可能です!

Google Takeout(Google データ エクスポート)とは

Google Takeout「Google データ エクスポート」が正式名称かも?)ですが、Googleアカウントを持っていたら誰でも無料で利用できるサービスです。

ログイン - Google アカウント

ざっくり言うとGoogleのあらゆるサービスのデータを一括でダウンロードできるというもの。

なので一括ダウンロードできるデータはYouTubeの動画だけではないのですが、本記事ではYouTube動画データのダウンロードにフォーカスを当ててやり方をご紹介していきます。

「Google データ エクスポート」にアクセスしてログインする

下記URLから「Google データ エクスポート」にアクセスします。

ログイン - Google アカウント

Googleアカウントにログインしていなければログインし、ダウンロードしたい動画のあるYouTubeのブランドアカウントに切り替えます。

エクスポートするデータを選択する

はじめに新しいエクスポートの作成の1ステップ、「追加するデータの選択」をしていきます。

デフォルトで全てのデータが選択されている状態になっているので、まずは「選択をすべて解除」をクリックして選択を解除します。

選択を解除したら、ページを下にスクロールして「YouTube と YouTube Music」を探してチェックをいれます。

チェックを入れると「YouTubeのすべてのデータが含まれます」のボタンがクリックできるようになるのでクリックします。

「YouTubeとYouTube Musicのコンテンツオプション」というポップアップウィンドウが開くので、「動画」だけにチェックを入っている状態にして「OK」をクリックします。

ポップアップウィンドウが閉じ元のページに戻るので、ページを一番下までスクロールして「次のステップ」をクリックします。

配信方法、ファイル形式、エクスポート先・回数などの設定

ステップ2「ファイル形式、エクスポート回数、エクスポート先の選択」を設定します。

配信方法は以下から選択。

  • ダウンロード リンクをメールで送信
  • Dropbox に追加
  • OneDrive に追加
  • Box に追加

今回は「ダウンロード リンクをメールで送信」としました。

頻度は今回だけなので「1回エクスポート」ファイルの形式とサイズ「.zip」「2GB」としました。

ファイルの形式を「.tgz」にするとサイズを最大50GBに設定できて一括でダウンロードできますが、解凍するには別のソフトウェアが必要のようです。

設定後、「エクスポートを作成」をクリックします。

下記のようにエクスポートの進行状況と表示されたらエクスポート処理が完了するまで待ちます。
(処理が完了するとメールで案内がくるのでこのウィンドウは閉じても大丈夫です。)

エクスポートにかかる時間は、動画の長さ・数にもよりますが、参考までに平均2分ほどの100本の動画(26.53GB)だと約1時間ほどかかりました。

メールでエクスポート完了の連絡が届く

エクスポートが完了すると「Google データをダウンロードできるようになりました」という件名のメールが届くので、メール本文内の「エクスポートを管理」をクリックします。

メールにも書かれてますが、エクスポートされたデータの保管期限は1週間なので、忘れないうちに早めにダウンロードしておくことをオススメします。

「エクスポートの管理」というページに遷移するので、エクスポートしたデータの「エクスポートを表示」をクリックします。

「データのダウンロード」というポップアップウィンドウが開くので、「ダウンロード」をクリックすると、YouTubeに自分でアップロードした高画質の動画データをダウンロードできます!

ファイルの形式を「.zip」にすると2GBで分割されるので、約27GBあると14個のファイルに分割されていました。

ダウンロードファイルの構成

ちなみにダウンロードしたzipファイルを解凍すると、中身は以下のようになってました。

おわりに

こちらのサービス、とても便利なのですが、一点残念なのがサービス単位に一括でデータがエクスポートされてしまうという点です。

YouTubeにアップしたこの動画だけが欲しいのに…といった時でもすべての動画データがエクスポートされるので効率は悪いですね。。

結局のところ、日頃から編集データを外付けハードディスクなどに保存しておくのが良いのかも知れません。

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント