【YouTube】「再生リスト」の可能性について気付いたこと

WEB / アプリ
この記事は約2分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はYouTubeの再生リストって今までは自分用のプレイリストでしかないと思ってたんですが、そうではないことに気付いたよというお話です。

スポンサーリンク

再生リストの可能性

YouTubeの「再生リスト」という機能は、お気に入り動画をプレイリストのように登録しておくという使い方が多くのユーザーにとってのスタンダードであるのは間違いないと思います。

ただ、その作った「再生リスト」を「公開」しておくと、他のチャンネルの動画も自分のチャンネルのコンテンツのように扱えるという可能性に気が付きました。

「再生リスト」で動画のセレクトショップ

各ブランド(チャンネル)からセレクトした「動画のセレクトショップ」のような感じ。

例えば…

「肩こりに効くエクササイズ動画」の再生リスト
「朝の作業用BGM動画」の再生リスト
「瞑想やヨガにピッタリなヒーリング動画」の再生リスト

といった具合です。

各チャンネル内でもオススメ動画の再生リストは公開されてたりしますが、チャンネルを横断して自分のオススメ動画を紹介するイメージですね。

もちろん、再生リストの動画が再生されてもそれが自分の動画でなければ自身のチャンネル内の再生数は増えません。

が、次のような効果が期待できると思うのです。

・良い再生リストをたくさん作成して公開しておけば、それ目当てでチャンネル登録してくれる人がいるかも?
・他チャンネル動画の再生リストの中に自分の動画も混ぜておくと、普段接点のない視聴者に見てもらえるかも?(関連する動画でないとすぐ飛ばされて効果なさそうですが)
・好きなチャンネルを応援することにもつながる!

極論、自分の動画はゼロでも神レベルの再生リストをたくさん作ることができればチャンネル登録者数を増やすことも不可能ではないのでは?と思ったのです!

…ただ、いくらチャンネル登録者数が多くなっても自分の動画の再生数がないと広告収入にはつながらないので意味がないといえばそれまでなのですが ^^;

YouTubeで広告収入を得るための最低条件
YouTubeで収益を得るためには、チャンネル登録者数1000人以上、年間再生数4000時間以上というのが最低条件。
引用元:PRESIDENT Online

おわりに

結局は自前で良質な動画コンテンツが作れないとダメという結論になりますが、再生リストも上手く使えば自分のチャンネルの価値を高める一助にはなりそうだな〜となんとなく思いました。

しかし、YouTubeでまともな収入に到達するのはかなり至難の業のようですね ^^;

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント