「蒙古タンメン中本」の「辛味オイル」の有効利用案【お好み焼きの生地に入れちゃう】

この記事は約2分で読めます。

「蒙古タンメン中本」の「辛味オイル」って使わないから余るんだけど何か有効に使う用途ってないかにゃ〜?

というニッチな疑問にそっと寄り添います。

とっちゃん@nyanco! です。

蒙古タンメンの「辛味オイル」をお好み焼きの生地に入れてみたらいい感じだった!と言うお話です。

最近良くメディアで見かける「蒙古タンメン中本」大好きなんですが、フタの上についてる「辛味オイル」を入れると辛すぎて食べられなくなるので、どんどん溜まっていくのが悩みどころでした。

なんとなく捨てるのがもったいないので有用な使い道を日々模索しております。

▼前回記事はこちら

スポンサーリンク

お好み焼き × 蒙古タンメン中本

少し前に作った▼こちらのレシピがお気に入りでちょいちょい作っていたのところ、ふと思いました。

蒙古タンメンの「辛味オイル」をこのお好み焼きの生地に混ぜたら辛旨お好み焼きになるのでは??

ということで試してみました。

お好み焼き × 蒙古タンメン中本 レシピ&実食レポート

レシピと言っても、上記レシピの生地を焼く前の段階で「辛味オイル」1袋混ぜるだけ。

▼あとは焼くだけの生地に…

▼「辛味オイル」を1袋投入!

▼混ぜるとこんな感じ。うっすら赤みがあるくらい。

いざ実食!(右のは茶碗蒸しです)

あれ、全然辛くない?

…と思いきや後からじんわりと辛さがくる!

でも思ったより辛くはならず、かなりマイルドな辛味がプラスされた感じでした!

まとめ

お好み焼きの生地(2人分)蒙古タンメン中本「辛味オイル」(1袋)の組み合わせは「ちょいと辛いの食べたい!」という時にはいい感じです♪

「辛味オイル」を2袋入れてみるのもアリな気がするので、今度やってみます!

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント