【食】490円のカップ麺「一蘭 とんこつ」を食べてみたよ

この記事は約7分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はカップラーメン「一蘭 とんこつ」を食べてみたよというお話です。

スポンサーリンク

あの有名店「一蘭」のカップラーメン

天然とんこつラーメン専門店として有名なラーメン店「一蘭(いちらん)」が、2021年2月15日(月)にカップラーメンを出したらしい…

というウワサはかねてから知ってはいたものの、「一体どこで売ってるんだ?」と思うほどなかなかお目にかかれずにいました。

…が先日、ふらっと入った大阪難波にある土産物屋さんで偶然発見!!

1個490円(税込)という、カップラーメンとしては超強気な値段ですが、カップラーメン好きとしては試さずにはおれず、即購入!

秘伝のたれ付!ですにゃ~

あえて具材は入れておりません。
それはラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため。
麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさにただひたすらに向き合える一杯です。

なんとあえて具材をなくして麺とスープのみで勝負するという、強い信念とこだわりが感じられるこのカップラーメン、そのお味はいかに??

肉玉にゃんこ

ちなみに開発・販売「一蘭」製造エースコック株式会社さんのようですにゃ〜

「カップラーメン 一蘭 とんこつ」DATA

おみやげ一蘭公式通販ページより引用。

  • 希望小売価格 490円 (税込)
  • エネルギー 471kcal
  • たんぱく質 14.1g
  • 脂質 20.0g
  • 炭水化物 58.8g
  • 食塩相当量 8.6g
    • めん・やくみ: 1.4g
    • スープ: 7.2g

調理開始!

「一蘭」といえど、カップラーメンなので調理はいつもどおり簡単です。

カップの中には「A 後入れスープ①(粉末)」「B 後入れスープ②(液体)」「C 秘伝のたれ」とノンフライ麺。

麺以外をカップから出し、「B 後入れスープ②(液体)」をフタの上で温めつつ待つこと4分。

カタメン好きなら待ち時間をお好みで調整するにゃ〜

4分経過後、「A 後入れスープ①(粉末)」「B 後入れスープ②(液体)」を投入して混ぜ混ぜ。

ふんわりいい匂いがしますにゃ〜

「C 秘伝のたれ」は味変用に使おうと思うので、一旦これで完成とします!

超プレーンならーめんですにゃ~

「カップラーメン 一蘭 とんこつ」実食レポ

それではいただきます!

うーん、一蘭らしい歯ごたえのある細麺に絡む濃厚なのにしつこくないスープ…

シンプルに美味しい!

さっきは味変用とは言ったものの、「一蘭」の味は「秘伝のたれ」ありきだろということで「C 秘伝のたれ」も早々に投入。

「秘伝のたれ」はカップ麺用に独自に開発されたらしいですにゃ〜

「辛いのでお好みに合わせて量を調整してください」とのことなので、一旦半分くらいで様子を見ましたが、確かに辛味はあるものの蒙古タンメン中本で鍛えられた筆者は全然いけそうだったので全て投入!

スープの色が少し濃くなりましたにゃ〜

唐辛子の辛味と旨味が加わり、スープがより深い味わいに深化しました!

肉玉にゃんこ

麺とスープだけなのに飽きが来ないのは、間違いなくこの辛味と旨味の極上スープのおかげですにゃ〜
口の中は旨みのスープ祭り状態ですにゃ〜

「具材なし」というチャレンジングなカップ麺でしたが、余裕で完食です!

おわりに

20年以上の開発期間を経てようやく世に出たというこだわり抜かれた「一蘭」のカップ麺、堪能させていただきました。

販売開始から約3ヶ月半で200万食突破したというのも頷けます。

店舗で買おうとするとなかなかお目にかかれない「一蘭」のこのカップ麺ですが、通販だと普通に買えちゃうので気になる方は是非どうぞ♪

最後に、「一蘭」の公式ホームページこだわりが詰まりまくって面白かったのでこちらも合わせてご紹介しておきます。

天然とんこつラーメン 一蘭
天然とんこつラーメン専門店 一蘭 公式WEBサイト。店舗案内、システムのご紹介、優先案内サービス、イベント情報、採用情報、会社案内 など。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント

タイトルとURLをコピーしました