【Gmail整理術】サイズの大きいメールを絞り込みする方法

WEB / アプリ
WEB / アプリ
この記事は約4分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はGmail整理術として、サイズの大きな添付ファイルのついたメールを絞り込み検索する方法をご紹介します。

肉玉にゃんこ

Google無料アカウントだとGmail・GoogleフォトやGoogleドライブを含め17GBまでしか使えないので、定期的にデータ整理が必要となってきますにゃ~

スポンサーリンク

Googleストレージの空き容量が少なくなってくると…

▼とある日、パソコンを立ち上げると下記のようなポップアップが表示されるようになりました。

Google Workspaceストレージの空き容量が残り少なくなっています
空き容量が残り少なくなっています。ファイルを確実に同期させるには、空き容量を増やすか、保存容量をご購入ください

肉玉にゃんこ

PC起動ごとに毎回表示されるのでまぁまぁウザいですにゃ~

▼データを使用している内訳をみると「Googleフォト」「Gmail」がほとんど占めているのが分かります。

このページはポップアップの「ストレージを管理」から確認できます

本記事ではGmailのメール整理術のご紹介をいたします。

サクッとデータを整理してスッキリさせちゃいましょう!

Googleフォトのデータ移行方法については下記記事をどうぞ!(ちょっとニッチなやり方ですが)

Gmailの容量肥大は「添付ファイル」

Gmailは基本テキスト情報がメインなのでそんなにデータ容量は大きくならないはずです。

が、こんなに容量が肥大化している原因はズバリ「添付ファイル」ですね。

なのでサイズの大きいファイルが添付されたメールを削除したらかなりスッキリするはず!

肉玉にゃんこ

でも、添付ファイル付メールを一つ一つ探して削除するのは手間がかかり過ぎますにゃ~

手作業でちまちま削除はやってやれないので、検索から絞り込む方法を解説します。

Gmailはメール検索機能が優秀

Gmail、さすがはGoogle謹製のメールサービスということで、メールの検索機能がとても優秀です。

肉玉にゃんこ

検索演算子という簡単にメールを絞り込み検索できるものが標準で用意されてますにゃ~

▼やり方は検索演算子を画面上部にある「メールを検索」フォームに入力して検索するだけ。

容量の大きいメールを検索する際に使える具体例を、コピーペーストで使えるようにいくつかご紹介します。

「サイズで絞り込み」する検索演算子

メールのサイズで簡単に絞り込み検索ができます。

size:5m 意味:メールサイズが5MB(メガバイト)以上のメールを絞り込む

肉玉にゃんこ

「5」の数値を変更したら任意のサイズで絞り込みができますにゃ~
「size:10m」なら10MB以上のメールを絞り込みできますにゃ〜

「期間で絞り込み」する検索演算子

期間で絞り込みもできるので、数年前のメールも簡単に検索できます。

older_than:3m 意味:今から3ヶ月以上前のメールを絞り込む
older_than:5y 意味:今から5年以上前のメールを絞り込む

検索演算子の組み合わせも可能

複数の演算子を「半角スペース」で区切って組み合わせることで、さらに細かく絞り込み検索することもできます。

例えば「今から5年以上前」かつ「サイズが5MB以上」のメールを絞り込み検索したい場合は下記となります。

older_than:5y size:5m

→「検索演算子」一覧はコチラ

絞り込みができたら削除(「ゴミ箱」に移動)

容量が大きいメールが絞り込めたら、一括削除もしくは手動で削除します。

▼下記のチェックボックスをクリックすると表示されているメールを一括で選択できて便利です。

肉玉にゃんこ

大事なメールがある場合は一括削除しないようにご注意ですにゃ~
※この時点では削除してもゴミ箱に移動しただけなので復帰させることは可能ですにゃ~

▼削除したいメールを選択した状態で下記の「ゴミ箱」アイコンをクリックすると削除(「ゴミ箱」に移動)されます。

ゴミ箱から完全削除

削除したメールは「ゴミ箱」に移動しただけなので、まだ容量は減ってない状態です。

▼ゴミ箱に入ってから30日後には自動で完全に削除されますが、すぐに容量を確保したい!という場合は下記の「ゴミ箱を今すぐ空にする」をクリックですぐに完全削除できます。

完全削除すると二度とメールを復旧させることはできないので要注意です。

おわりに

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント

タイトルとURLをコピーしました