【$CAW】$CAWの購入方法を画像付で解説!in LBANK【宝くじ感覚】

WEB / アプリ
WEB / アプリ
この記事は約8分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は暗号資産取引所LBANKで$CAW(A Hunters Dream)を購入する方法を画像付きで解説いたします。

肉玉にゃんこ

イーロン・マスクがTwitterを買収したニュースを受けて $CAW がトークンとして使われるのでは??とザワザワしてますにゃ〜
(信じるか信じないかはアナタ次第!)

$CAWとはなんぞや?という方はこちらの記事をどうぞ。

本記事はあくまでアプリのご紹介で、投資をすすめる意図はありません。投資する際は自己判断でお願いいたします。

スポンサーリンク

$CAWの購入方法〜全体の流れ

まずは$CAW購入の流れの大まかな流れをご紹介。

  • Step0. 事前準備
  • Step1. Coincheck日本円を入金
  • Step2. CoincheckXRPを購入
  • Step3. LBANKXRPを送金
  • Step4. LBANKXRPUSDTに交換
  • Step5. LBANKUSDTCAWに交換

日本円で直接 $CAW を購入することができないので手間がかかるように見えますが、送金がスムーズにいけば30分もかからない内容です。

肉玉にゃんこ

他の取引所やMetaMaskなどのウォレットにLBANKで扱っている暗号資産を保有しているなら、その通貨をLBANKに送金するといきなりStep4. からとなるので手っ取り早いですにゃ〜

Step0. 事前準備

Coincheckの口座開設

Coincheck(コインチェック)の口座をお持ちでないは下記記事を参考に新規口座開設をしておいて下さい。

肉玉にゃんこ

CoincheckはアプリもWebもUIが分かりやすく使いやすいのでオススメですにゃ〜
もちろんbitFlyerGMOコインなど、すでに別の国内仮想通貨取引所の口座をお持ちの方は、そちらを使っていただくでも問題ないですにゃ〜

\【最短5分】累計520万ダウンロードを突破【国内取引所】/

コインチェック

LBANKの口座開設

同様に、LBANKの口座をお持ちでない方はこちらも新規口座開設をしておきます。

LBANKの口座開設をする

LBANK(エルバンク)とは、CoinMarketCap取引所ランキング19位にランクイン(執筆時現在)している香港を拠点とする中央集権型の暗号資産取引所(CEX)です。

海外の取引所なんてハードル高いよ…と思われるかもですが、今回のような少額の取引であればKYC(本人確認)も不要でメールアドレスのみですぐに登録できちゃいます。

肉玉にゃんこ

英語表記のサイトですが、慣れという意味でこういったサイトに触れておくと間違いなく将来の経験値となりますにゃ〜
また、草コインを多数扱ってることも特徴の一つですにゃ〜

Step1. Coincheckに日本円を入金

事前準備ができたら $CAW の購入に進みます。

まずはCoincheck口座に$CAWを購入したい金額の日本円を入金します。

肉玉にゃんこ

参考までに 1 CAW = 0.00001円(執筆時現在)なので、たった1,000円でも約90,000,000 CAW購入することができますにゃ〜
ただ値動きが激しい通貨なので、実際に購入する時はCoinMarketCapなどで要チェックですにゃ〜

もちろん、口座にもともと資金がある方は入金の手間は不要です。

Coincheckへの入金については下記記事をどうぞ!

Step2. CoincheckでXRPを購入

続いて$CAWを購入したい日本円分XRPを購入します。

なぜXRP(Ripple)なのかというと、以下の理由からです。

  • LBANKで取り扱っているから
  • 手数料が安い
  • 送金スピードが早い
肉玉にゃんこ

他の通貨でももちろんOKですが、LBANKで取り扱いがあるかどうかは要確認ですにゃ〜
LBANKで取り扱ってないと送金できないので注意ですにゃ〜

→LBANKで取り扱っている通貨一覧はこちら。

Step3. LBANKにXRPを送金

続いてLBANKに先ほど購入したXRPを送金しますが、送金前にLBANKの方でXRPの受け取りアドレスを発行する必要があります。

肉玉にゃんこ

すでに発行済な方はこのセクションはすっ飛ばしてOKですにゃ〜

LBANKでXRPの「受け取りアドレス」と「メモ」を発行

▼手順としては、上部メニュー「Wallet」>「Spot」→「Deposit」→通貨フォームに「xrp」と入力して候補の「XRP Ripple」をクリックします。

「XRP以外の通貨を入金したら資産が失われます」的な案内が表示されるので確認して「Agree(同意)」をクリックします。

▼さらに「入金にはメモとアドレスが必要で、メモがない場合は資産が失われます」的な案内が表示されるので確認して「Confirm(確認)」をクリックします。

肉玉にゃんこ

XRPの特徴として、アドレスだけでは届かず必ず「メモ」という情報もセットで必要となり、他の通貨とは異なるので注意が必要ですにゃ〜

XRP受け取りアドレスが発行されました!上が「アドレス」、下が「メモ」となるのでそれぞれコピーしておきます。

Coincheckで送金先を追加・送金

続いてCoincheckで送金する「宛先」を追加します。

「暗号資産の送金」→「宛先を追加/編集」をクリックします。

「宛先リスト」が表示されるので「新規追加」をクリックします。

「宛先を新規追加」となるので下記の要領で入力して「追加」をクリックします。

  • 通貨:Ripple
  • ラベル:LBANK-XRP(自分が分かりやすい任意の文字列でOK)
  • 宛先:LBANKで発行した「アドレス」
  • 宛先タグ:LBANKで発行した「メモ」
  • SMS認証用コード:「SMSを送信」をクリックして届くコード

「暗号資産の送金」画面に戻ってくるので、「送金する通貨」「Ripple」「宛先」先程追加したアドレスを選択します。

「送金額」を設定して「次へ」をクリックします。

初めてのアドレスに送る場合、アドレス設定に不備があると送った暗号資産が失われる恐れがあるので、手数料はその分かかりますが初めは少量を送って着金確認するのがベターです。

「申請内容の確認」が表示されるので確認し、「二段階認証」「利用規約」を確認の上チェックを入れて「申込みを確定する」をクリックします。

「送金申請が完了しました!」と表示されればOKです!

▼XRPであれば、送金数分後には送信先の口座に着金が確認できるはずです。

Step4. LBANKでXRPをUSDTに交換

続いてLBANKにてXRPUSDTという別の暗号資産に交換していきます。

肉玉にゃんこ

$CAWはUSDTでしか交換できない(執筆時現在)ため、ひと手間かける必要がありますにゃ〜

▼上部メニュー「Markets」をクリックし、通貨検索フォーム「xrp」と入力すると表示される「XRP/USDT」をクリックします。

XRPとUSDTの取引画面になります。初めての人は「なにこれ怖い!」と思うかもですが、要点を押さえればそこまで難しいものではありません。

▼今回の件で目を向けるべき箇所はページ右端にある「Order Book」で、上側(赤字)「XRPをUSDTで売りたい人のオーダー価格」下側(緑字)「XRPをUSDTで買いたい人のオーダー価格」となってます。

肉玉にゃんこ

「オーダーブック」「取引板」とも呼ばれますにゃ〜

▼少しでも高くXRPを売りたい場合は自分で価格を入力していきますが、手っ取り早く取引したい場合は「XRPを買いたい人のオーダー」にある一番上のオーダーをクリックするか、「Market」タブをクリックして「成り行き注文」モードにして買うと良いです。

▼後は売りたい数量のスライダー右側に目一杯移動させると保有している残高100%になるので、その状態にして「Sell XRP」をクリックすると速攻で売却できます。

残高100%にしても、売りたいXRP量がXRPを買いたい人の量以上あると注文が中途半端に残ってしまうので、売値を変更する場合はページ下にある注文履歴から「Revoke(キャンセル)」をクリックするとオーダーをキャンセルできます。

「Confirm Order(注文確認)」ダイアログが表示されるので確認し、問題なければ「Confirm(確認)」をクリックします。

▼取引が無事に成立すると、以下のように自分のWallet内のUSDTの数量が増えているはずです。

Step5. LBANKでUSDTを $CAW に交換

ようやく $CAW の購入となります。

▼再度、上部メニュー「Markets」をクリックし、通貨検索フォーム「caw/usdt」と入力すると表示される「CAW/USDT」をクリックします。

「CAW/USDT」取引画面になります。基本は先程と同様ですが、今回は $CAW を買いたいのでオーダーブック上部の赤字「$CAWを売りたい人のオーダー」一番下あたりの価格を参考に注文するか、手っ取り早く購入したい場合は「Market」から成り行き注文していけばOKです!

無事に $CAW を購入できたら、爆上げするまでひたすらHODL(保有)しておくか、要所で売買を繰り返して資産を増やしていくかはアナタ次第!

ちなみに筆者は価格推移はある程度気にしつつも、しばらくはガチホ一択作戦でいくつもりです。

繰り返しますが、$CAWへの投資判断はあくまで自己責任でお願いします。また、$CAWの価値がゼロになる可能性ももちろんあります。必ず余剰資金で投資するようにしましょう。

おわりに

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント