ゲーム

【SplinterLands】PayPalで高額購入する時の「本人確認作業」の流れ【画像付】

ゲーム
この記事は約10分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は「SplinterLands(スプリンターランド)」で100ドル(約11,000円)以上のCREDITSをPayPalにて購入時に必要な本人確認の流れのアーカイブです。

スポンサーリンク

CREDITSをPayPalで100ドル以上購入時は本人確認要

「SplinterLands」には「CREDITS」「DEC」「SPS」という3つの通貨(?)がありますが、今回はその中の「CREDITS」の購入方法についてです。

「+」ボタンから購入できます

「CREDITS」「PayPal」「CRYPTO(仮想通貨)」の2つの支払い方法から購入可能です。

「CRYPTO」での購入時は特に制限はないのですが、「PayPal」で100,000 CREDITS(=100$=約11,000円)以上購入しようとすると、以下のような画面が表示され「本人確認(KYC)」を促されます。

肉玉にゃんこ

正直面倒くさい作業ですが、詐欺などで資産を失うリスクを未然に防ぐための安全装置ですにゃ〜
ちなみに「本人確認」は初回の1度だけで大丈夫ですにゃ〜

この「本人確認」作業がなかなか苦戦かつ不安を感じたので、以下に画像付きで流れをアーカイブしておきます。

「本人確認」作業手順

まず「本人確認」自体は「SplinterLands」内で行われるのではなく、「Onfido」という外部のオンライン本人確認サービスを介して行われます。

「Onfido」とは?
AIを活用して本人確認作業がオンラインで簡単に行えるイギリス発のサービス。
→onfido公式サイト

初めは「onfido?なんか変なサイトに飛ばされた??」と思ってしまいましたが、調べてみると信頼のおけそうなサービスだと判断できました。

「氏名」を入力

まず初めに「氏名」を入力していきます。

verification
In order to make larger purchases using USD or other fiat currency you must complete an identity verification process to prevent fraud and chargebacks.
Please complete the information below to begin the identity verification process.
This will only need to be completed once for your account. Please note that purchases made using cryptocurrency do not require identity verification.

【Google翻訳】検証
米ドルまたはその他の法定通貨を使用して大規模な購入を行うには、詐欺やチャージバックを防ぐために本人確認プロセスを完了する必要があります。
本人確認プロセスを開始するには、以下の情報を入力してください。
これは、アカウントで1回だけ完了する必要があります。暗号通貨を使用して行われた購入は、本人確認を必要としないことに注意してください。

肉玉にゃんこ

ちなみに「First Name」「名前」「Last Name」「名字」ですにゃ〜
あと、初めはなんとなくローマ字で入力したのですが上手くいかず漢字入力で上手くいきましたにゃ〜

入力できたら「CONTINUE」をクリックします。

「本人確認書類」を選択

続いて写真付きの「本人確認書類」「Passport(パスポート)」、「Driver’s licence(運転免許証)」、「Identity card(マイナンバーカード?)」、「Residence permit(在住許可証)」から選択します。

ここから「onfido」のサービスが呼び出されているようです

ちなみに筆者は運転免許証で2度トライしたのですがダメだったので、結局パスポートを提出しました。

本記事でもパスポートで解説していきます。

詳しくは後述しますが、運転免許証だからダメというわけではなく、筆者が過去に撮影した画像データをアップロードしたのが原因のような気がします。

「パスポート」写真を提出する方法を選択

続いて「パスポート」の写真提出を促されます。

ここまでパソコンで作業してましたが、「Take a photo with your phone(お使いの携帯電話で写真を撮る)」とあるので続きはスマートフォン(iPhone12)での作業となります。

「Continue on phone」をクリックします。

ちなみに先程「運転免許証」で2度失敗したと書きましたが、その時はここで写真を撮影せず「or upload photo – no scans or photocopies(または写真をアップロードする-スキャンやコピーは不可)」から他用途で保存していた撮影データをアップロードしたのですが、今思えばそれがコピーデータと認識されてNGだったのかも知れません。

スマートフォンに切替えるフローの解説

スマートフォンに切り替えるフローを丁寧に解説してくれます。

Continue on your phone.
Here’s how to do it:
・Send a secure link to your phone
・Open the link and complete the tasks
・Check back here to finish the submission

【Google翻訳】お使いの携帯電話で続行します。
方法は次のとおりです。
・お使いの携帯電話に安全なリンクを送信します
・リンクを開いてタスクを完了する
・ここに戻って提出を完了してください

肉玉にゃんこ

こうやって事前に解説してくれるとイメージしやすくて安心できますにゃ〜

「Get secure link」をクリックします。

QRコードなどが表示される

続いてスマートフォンに切り替える用のQRコードが表示されます。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

QRコードをスキャンするかもしくは「Get link via SMS」からSMSでリンク送付、また「Copy link」でURLをコピーしてスマホに送るといった手段も用意されています。

筆者は一番手軽なQRコードスキャンをチョイスしました。

スマートフォンで本人確認書類とセルフィーを撮影

続いてスマートフォンでの作業です。

Splinterlands経由なので詐欺サイトに遷移している可能性は低いですが、念には念をということでスマートフォンに表示されているページのURLを確認しておきましょう。

「id.onfido.com」と表示されているURLバーをタップします。

▼URLの詳細が確認できるので、冒頭が「https://id.onfido.com」となっていれば大丈夫です。

▼詐欺サイトでないことが確認できたら「パスポート」を画面の指示に従って撮影します。

ちなみにパスポートは光を反射しやすいので、テカらないように撮影するのに結構苦戦しました ^^;

▼続いて「本人確認書類」の写真と照合するためのセルフィー(自撮り)を撮影していきます。

「Uploads successful」と表示されればOKです!

以上でスマートフォンでの作業は完了なのでパソコンに戻ります。

パソコンに戻って最後の確認

スマホの画面には「You computer may take a few seconds to update(コンピューターの更新には数秒かかる場合があります)」と表示されてましたが、筆者の場合はすぐに下記の画面に切り替わってました。

Great, that’s everything we need
We’re now ready to verify your identity

【Google翻訳】素晴らしい、それが私たちに必要なすべてです
これで、本人確認の準備が整いました

本人確認の準備は以上のようなので、「Submit verification(確認を送信する)」をクリックします。

確認処理を待つのみ

あとは確認処理が終わるの待つのみです。処理中は下記の表示がされます。

Your submission has been recieved and is processing.
The verification process typically takes only a few minutes but may take up to 24 hours. You may check back later via the “ID Verification Status” option in the account drop down to see the status of your verification.
Processing…

【Google翻訳】送信は受信され、処理中です。
検証プロセスは通常、数分しかかかりませんが、最大24時間かかる場合があります。 アカウントのドロップダウンの[ID確認ステータス]オプションを使用して、確認のステータスを確認することができます。
処理中…

筆者は上記の画面のまましばらく放置してましたが40分ほど経過しても変わらないので画面をリロードしたところ、「処理が完了しました!」的な画面に切り替わり、数秒でゲーム画面に戻りました(数秒だったので「完了しました」画面のスクリーンショットが撮れず… ^^;)。

その後、無事にPayPalで100ドル以上の購入ができるようになりました!

【おまけ】本人確認失敗しないために

最後に、本人確認失敗した時の表示と失敗しないための注意点を。

Your identity was not able to be verified using the documents and photos that were submitted.
Please make sure that you used a valid government-issued photo ID and that the photos were clear and the text was legible. Additionally, please make sure that your selfie was clear and matches the photo on your ID document.
You may click the button below to try the identity verification process again. If we are unable to verify your identity then we cannot allow purchases of Credits in the game using USD or other fiat currencies. Please note that you can still always make purchases using cryptocurrency with no limits.

【Google翻訳】提出された書類や写真を使用して本人確認を行うことができませんでした。
政府発行の有効な写真付き身分証明書を使用していること、写真が鮮明でテキストが読みやすいことを確認してください。さらに、自分撮りが明確で、身分証明書の写真と一致していることを確認してください。
下のボタンをクリックして、本人確認プロセスを再試行できます。お客様の身元を確認できない場合、米ドルまたはその他の法定通貨を使用したゲームでのクレジットの購入を許可することはできません。制限なしで暗号通貨を使用していつでも購入できることに注意してください。

肉玉にゃんこ

特に失敗してもペナルティなどはなさそうなのでビビる必要はないですにゃ〜

本人確認で失敗しないために

失敗しても大丈夫ですが、時間ももったいないのでできれば一発OKしたいところ。

2度失敗した筆者が注意すべきと感じた点をまとめておきます。

  • 初めに入力する「氏名」は「ローマ字」より「漢字」(というか提出する「本人確認書類」の表記に合わすのが良さそう)
  • 本人確認書類は面倒でも新たに撮影する(以前に撮った写真は使わない)
  • 本人確認書類は反射しやすい素材なのでテカリに注意する
  • セルフィーは自然光の中で背景は壁などゴチャゴチャしてない方が良さそう

以上です!

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント