【xPet】Uniswapで$BPETをスワップしてxPetで使えるようにしてみたよ

本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

WEB / アプリ
WEB / アプリ
この記事は約5分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はxPet(エックスペット)のトークン $BPET をUniswap(ニスワップ)でスワップ(購入)してxPet内で使えるようにしてみたのでその手順を画像付きで分かりやすく解説するよというお話です。

肉玉にゃんこ

ちなみに $XPET というトークンも同様の購入の方法で買えますにゃ~

「xPet」気になる!と言う方は無料でPETがゲットできるので下記よりどうぞ!【招待コード:xpet_efa482c2】

→「xPet」を始める

▼最新情報は下記公式Discordサーバーへどうぞ!

→xPet公式Discordサーバーにアクセス

スポンサーリンク

$BPET を購入する方法

Step0. 前提

本記事は以下の項目が済んでいる前提の内容となります。

  • xPetアカウント作成済
  • xPetアプリ内のウォレットをOKXウォレットにインポート済

xPetウォレットをOKXにインポートする方法については下記記事をどうぞ!

Step1. ArbitrumのUSDTとETHを用意

まず、xPetはArbitrum(アービトラム)ネットワーク上に構築されたDappsなので、Uniswapで $BPET トークンと交換するArbitrum上の $USDT などのトークンとガス代用にごく少量のArbitrum上の $ETH を用意する必要があります。

肉玉にゃんこ

ちなみにArbitrum上のETHだけでもOKですにゃ〜
その場合は取引したい量とガス代分を合わせたETHを用意しますにゃ〜

ArbitrumのUSDTやETHを用意する方法としては、異なるネットワーク間を移動させる「ブリッジサイト」などを使うのもありですが…

海外の暗号資産取引所の口座にすでにUSDTやETHを保有していて、その取引所がArbitrumでの出金に対応している場合は、ウォレットに送金するだけでOKなのでオススメです。

以下、xPetウォレットをインポートしたOKXウォレットへのMEXCからArbitrumネットワークでの出金方法をサラッと解説します。

と言っても基本は通常通りの出金手続きで、「ネットワーク」を「ARB Arbitrum One(ARB)」にするだけでOK!

今回は試しに130USDT送金してみます。

肉玉にゃんこ

手数料が1USDTと地味にかかるのでその点は要注意ですにゃ~
実際に着金するのは130-1で129USDTとなりますにゃ〜

このようにOKXウォレットでUSDTの着金が確認できればOKです!

スワップ時のガス代用にごく少額でも良いのでARB_ETH(Arbitrum上のETH)も合わせて用意しておきましょう。

Step2. Uniswapでスワップする

続いてQRコードもしくは下記リンクよりUniswapサイトにアクセスします。

→Uniswapサイトにアクセス

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

続いて「ウォレットに接続」をクリックします。

接続できるウォレット一覧が表示されるので「OKX Wallet」をクリックします。

OKX Walletウィンドウが起動するので表示されたドメインが「app.uniswap.org」であることを確認して「Confirm(確認)」をクリックします。

ウォレット接続ができたらページ左上のネットワークアイコンをクリックして「Arbitrum」に変更しておきます。

続いて「あなたが支払う」の通貨をクリックします。

代表的な通貨リストが表示されるので今回は「USDT」をクリックします。

続いて「あなたは受け取ります」「トークンを選択」をクリックします。

「トークン選択」と表示されるので、下記の $BPET のコントラクトアドレスをコピーペーストします。

0x6dAF586B7370B14163171544fca24AbcC0862ac5

OKX Wallet内にBPETの残高があれば「あなたのトークン」に表示されるのでそちらをクリックでもOKです。

ちなみに $XPET トークンのコントラクトアドレスは以下となります。

0x00CBcF7B3d37844e44b888Bc747bDd75FCf4E555

コントラクトアドレスをペーストすると下に「BPET」と表示されるのでクリックします。

あとは「あなたが支払う」交換したい量のUSDT数量を入力すると「あなたは受け取れます」現在のレートに基づいて受け取れるBPET量が自動計算されるので、確認して問題なければ「スワップ」をクリックします。

肉玉にゃんこ

レートはリアルタイムで動いていきますにゃ〜

「スワップを確認」と取引内容が表示されるので内容を確認して「承認して交換する」をクリックします。

OKX Walletウィンドウが起動し、USDTの使用に関する「Approve(承認)」を求められるので確認して「Confirm」をクリックします。

続いて「Signature request(署名リクエスト)」と表示されるので「Confirm」をクリックします。

最終確認として「Contract interaction(契約のやり取り)」と表示されるので内容を確認して問題なければ「Confirm」をクリックします。

Uniswapに戻り「スワップ成功」と表示されたらOKです!

OKX WalletでもこのようにBPETの残高が増えているのがすぐ確認できるはずです。

もともとウォレットに11.4 BPETほどあったので、スワップした394.265を足した合計で405.7222 BPETとなっています。

また、xPet上でもスワップしたBPETが即時反映されるので、アプリ内でペットのレベルアップや買い物などで使えるようになります。

肉玉にゃんこ

アプリ内ウォレットをOKX Walletなどの外部ウォレットにインポートしておく楽チンですにゃ〜

おわりに

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント