【SoftBank】「みんな家族割+(プラス)」について調べてみたよ

雑記
この記事は約6分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はSoftBankの「みんな家族割+(プラス)」について調べてみたよというお話です。

スポンサーリンク

「みんな家族割+」とは

「みんな家族割+」とはざっくり言うと、「対象となる家族」「指定された料金プラン」の契約数に応じて「割引対象の料金プラン」月額料金が割引になるサービスです。

ちょっと何言ってるのか良く分からない

…確かにちょっと分かりにくいですよね ^^;

でもそこまで難しい内容ではなく、「対象となる家族」「指定された料金プラン」「割引対象の料金プラン」という3つのポイントをおさえれば理解しやすいと思います。

それぞれについて説明していきます。

「対象となる家族」の定義とは

まずは「対象となる家族」の定義から。

一般的な「家族」の定義というとやたらと深い話になりそうなので、ソフトバンクの「家族割」に適用される「家族」はそれとは別物という認識でいきます。

ソフトバンクのサービスにおける「家族」の定義とはズバリ、

ご家族(血縁・婚姻)、または同住所であること

引用元:SoftBank公式ページ

「家族(血縁・婚姻)」「同住所であること」は「または」なので同時に満たす条件ではなく、下記のような関係の人も「家族」となるわけですね!

  • 遠くの親戚
  • 同居中の恋人
  • シェアハウスの仲間
引用元:SoftBank公式ページ

同居中の恋人はまだしも、シェアハウスの仲間なんて赤の他人と思えてしまいますが、ソフトバンクのサービス上では「家族」となるようです。

上記の「家族」の定義がイコール「家族割引」に加入できる条件となります。

「指定された料金プラン」とは

まず「指定された料金プラン」とは以下となります。

  • データプランメリハリ
  • データプランミニフィット
  • データプラン50GB+(新規受付終了)
  • ウルトラギガモンスター+(新規受付終了)
  • ウルトラギガモンスター(新規受付終了)
  • データプランミニ(新規受付終了)
  • データプラン1GB(スマホ)
  • データプラン1GB(ケータイ)
  • データプラン100MB
  • データ定額 50GBプラス(新規受付終了)
  • データ定額ミニモンスター(新規受付終了)
  • データ定額スマホデビュー(新規受付終了)
  • データ定額 50GB(新規受付終了)

前項の「家族」の条件にあてはまる家族グループの中に、上記料金プランで契約している人が多ければ多いほど、次項の「割引対象の料金プラン」に契約している家族の割引額が決まります。

割引額が以下のように「割引対象の料金プラン」によって若干異なるのがちょっとややこしいところです。

割引対象の料金プランが「データプランメリハリ」「ウルトラギガモンスター+」の場合

「指定された料金プラン」で契約している人の数割引額/月
2人-500円
3人-1,500円
4人以上-2,000円

割引対象の料金プランが「ウルトラギガモンスター」の場合

「指定された料金プラン」で契約している人の数割引額/月
2人-1,500円
3人-1,800円
4人以上-2,000円

家族でソフトバンクの「指定された料金プラン」で契約している人の数が4人以上いる場合、次項の「割引対象の料金プラン」の人は毎月2,000円も割引になる!というわけです。

一人毎月2,000円割引ということは年間24,000円!かなり大きいですにゃ〜

「割引対象の料金プラン」とは

かなりお得というのがだんだん分かってきたと思いますが、ここで注意なのは「割引対象の料金プラン」があるということです。

「家族」であれば誰もが割引になるというわけではありません。

「割引対象の料金プラン」とは以下となります。

  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+(新規受付終了)
  • ウルトラギガモンスター+(新規受付終了)
  • ウルトラギガモンスター(新規受付終了)
  • データ定額 50GBプラス(新規受付終了)
  • データ定額 50GB(新規受付終了)

「データプランミニフィット」なんかは元々安い料金設定なので割引はない、ということなんでしょうね。

つまり「データプランミニフィット」で契約している人が「みんな家族割+」のグループに加入すると、その人自身の料金は割引はされないが、データプランメリハリで契約している家族の料金が割引される、という仕組みです。

「みんな家族割+」割引イメージ

分かりやすく、とある家族で図解してみました。

上記で言うと、夫・妻・父・母・兄は「指定された料金プラン」になるので4人以上の最大割引が適用されます。

そして割引が適用されるのは「割引対象の料金プラン」である夫・妻・兄の3人のみで父と母は割引はなしということになります。

甥っ子はそもそもソフトバンクではなくY!mobile(ワイモバイル)なのでソフトバンクの「家族割」に加入すらできず対象外ですね。

Y!mobileは同じソフトバンクグループではありますが、Y!mobileには別の「家族割」サービスがあります。

「みんな家族割+」申し込み手続き方法

「家族」だったら自動的に上記割引が適用になるわけではなく、もちろん別途申し込みが必要となります。

ちょっとややこしいですが「みんな家族割+」に申し込むのではなく、「家族割引グループ」に申し込むことで「みんな家族割+」が自動適用される流れとなります。

「家族割引グループ」とは何ですか?
家族割引サービスが適用される家族のことを指します。家族割引サービスの適用の際には、新たに家族割引グループを作成いただくか、すでにある家族割引グループに加入いただくことで割引の対象となります。

引用元:SoftBank公式ページ

「家族割引グループ」はオンラインでは手続きできず、ソフトバンクショップまで足を運ぶ必要があります。

その際、申込み・加入させたい「家族」によって下記の書類が必要となります。

以下、SoftBank公式ページより引用しました。

同居している家族、親戚の場合

同住所が確認できる、契約者さまそれぞれの本人確認書類

離れて暮らす家族、親戚の場合

下記1,2がそれぞれ必要となります

  1. 契約者さまそれぞれの本人確認書類
  2. ご家族であることがわかる、「戸籍謄本」や「住民票記載事項証明書」(3ヵ月以内のものに限る)のいずれか

同居しているパートナー、友人やシェアハウスなどの仲間の場合

同住所が確認できる、契約者さまそれぞれの本人確認書類

契約者本人が来店できない場合のみ、本人確認書類はコピーでも手続き可能とのことです(SoftBank公式ページで確認)。

「家族割引グループ」に後から新しい「家族」を追加もできる

一度作成した「家族割引グループ」に、後から新しい「家族」を追加することも可能です。

その際は、上記書類に加えて「すでに加入している人いずれか1名の本人確認書類」が必要です。

おわりに

ぶっちゃけ、筆者はこの「家族割」の詳細をつい最近知りました。

夫婦は間違いなく適用されるので、もっと早く知っていれば2人で月1,000円、1年で12,000円…と考えるとちょっと凹みますが、今度の休日に速攻で「家族割引グループ」の申込みに行くことにします。

他の家族はY!mobileやらauやらdocomoやらと結構バラバラなので、SoftBankに統一してみんなで2,000円割引にしない?とまで思ってしまい、まさにSoftBankの思う壺ですがまぁ良くできた囲い込みサービスですね。

もちろん、他のキャリアも似たりよったりな「家族割」はあるので逆にそっちに勧誘されたりもありそうですが ^^;

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント