【ユニクロ】JW Anderson スフレヤーンハーフジップセーター

goods
この記事は約4分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はユニクロとJW Anderson(ジェイダブル アンダーソン)コラボのスフレヤーンハーフジップセーター(長袖)のレビューをお送りします。

スポンサーリンク

まず、「スフレヤーン」って何?

JW Andersonとユニクロのコラボ、定番になってきましたね。

ユニクロUとは違ってJWコラボは、ビビットな色・デザイン・パターンのアイテムが多という印象が強かったんですが、こちらは今までと趣きが違ってシンプルで合わせやすそうだと思い興味を持ちました。

何より、「スフレヤーン」という聞いたことのない言葉にも興味があり、調べてみたところ…

「スフレヤーン」とはアルファベットで「Souffle yarn」と記述して、フランス語で、卵白を使って膨らませたお菓子や料理を意味する「soufflé(スフレ)」と、糸、との意味の「yarn(ヤーン)」とで、合わせて、スフレのような糸、とのイメージの造語になる模様。

引用元:「スフレヤーン」とはどういう意味?アルファベットで「Souffle yarn」と記述するとの事。

なるほど、お菓子のスフレのようにとにかく柔らかい素材という認識で良さそうです。

店舗に行き実物を触ってみると、確かに柔らかくてとても滑らか!
なんだか上品な雰囲気を感じる生地だし、暖かそうで着心地も良さそうです。

ハーフジップで色々と表情も付けれそうだし、ちょうどセーターがいくつか欲しいと思っていたので、ブラックを購入しました。

自宅で素材感を吟味する

改めて自宅で手に持った感じ、割りと肉厚なセーターなのにかなり軽量です!

そしてしっとりと柔らかく、とても上品な感じ。
シワにもなりにくそうですね。

ただ、にゃんこと暮らしている筆者にとって、猫の毛が結構付きやすそうな生地でもあるな…と思いました。

実際、撮影のためにカーペットに直置きしていたら毛がいっぱい付いておりました。

筆者同様、猫ぐらしの方はコロコロ必須です!

また、ニット全般の宿命ですが、着脱の際に静電気も結構バチバチします。

早速試着!

試着した感じは動画にしてみたので下記をご確認ください。

【ユニクロ】JW Anderson スフレヤーンハーフジップセーター – nyanco! ブログ
音楽が流れるので音量注意で!

スフレヤーンセーター、ほんとにふんわりと柔らかく、かつ暖かくて重くないという上質なセーターですね。

襟部分はかなりしっかりとしていて、ジッパーを開いても自立します。
もちろん襟を折ることも可能。
フルで閉めると完全にタートルネックセーターになります。
チクチクも全くしません。

予想通り、ハーフジップのおかげで色んな表情が楽しめる一着になってます。

シルエットとしては、コンセプトがラウンジウェアということで、ゆったり目で身体のラインは出にくい感じ。

そういえば同素材のイージーパンツがありますが、セットアップで着こなすのはなかなか難しそうかなという印象でした ^^;

この商品に限らず、同色・同素材のセットアップは難しいですよね…

商品スペック概要

ユニクロ公式ページから商品仕様の情報をピックアップしてみました。

・英国の伝統ある装いに注ぎ込まれたJW ANDERSONの革新的なデザインと、フィット、素材、機能性を追求するユニクロの服づくりが融合した、新しいLifeWear。
糸に起毛加工を施すことで、空気を取り込み柔らかさ、軽さ、ボリューム感をプラス。
・素材の柔らかさにこだわっているので、肌に当たってもチクチクしにくい。
・上質なラウンジウェアから着想を得たハーフジップセーター。
・ボリューム感のあるスフレヤーンを使用し、上品さの中にあたたかみと柔らかな着心地を実現。
・上質感を大切にしたシックなカラーも魅力。
・ジッパーの引き手にはJWAのロゴを刻印。
素材:58% アクリル,33% ナイロン,7% 毛,2% ポリウレタン
取り扱い手洗い
価格:3,990円+消費税

引用元:ユニクロ公式ホームページ

本商品の特徴としては以下と言えそうですね。

  • 柔らかく、着心地が良い
  • 肉厚で暖かいけど、軽量
  • ハーフジップで表情豊かに楽しめる
  • 大人の上品なリラックスウェア

上記のようなセーターが欲しい!という方にオススメできる一着です♪

これからの肌寒い季節にアウターとして、真冬にはインナーとしても活躍してくれそうです。

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント