お金の勉強

【仮想通貨】トークンの「コントラクトアドレス」を安心・安全に調べる方法

お金の勉強
この記事は約4分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は仮想通貨のメジャーでないトークンの「コントラクトアドレス」を安心・安全に調べる方法のご紹介です。

スポンサーリンク

トークンは「コントラクトアドレス」から

仮想通貨のトークン(通貨)は誰でも発行できることから膨大な種類(1,000種類以上!)が存在しており、BNBSLPなどのいわゆるティッカーシンボル(トークンシンボル)と呼ばれるアルファベット数文字の名称だけでは区別がつきません。

肉玉にゃんこ

全く無価値なトークン人気のあるトークンと同じティッカーシンボルにして、お金を騙し取ろうとする悪い人たちがいますにゃ~

なのでメジャーでないマニアックなトークンを扱う場合、ティッカーシンボルではなく、原則「コントラクトアドレス」というアドレスを利用します。

「コントラクトアドレス」とは
トークンの契約情報が書かれたアドレスのことで、そのトークン固有のアドレスとなります。

肉玉にゃんこ

送金先アドレスではないので、間違ってもトークンを「コントラクトアドレス」宛に送金してはダメですにゃ~
GOX間違いなしですにゃ~

「コントラクトアドレス」の調べ方

「コントラクトアドレス」の調べ方はCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)またはCoinGecko(コインゲッコー)というwebサイトで確認ができます。

CoinMarketCap、CoinGeckoとは?
暗号資産の様々なトークンの価格・相場情報などが確認できるwebサイト。
2つとも非常に信頼のおける情報ソースサイトとして知られています。
かなりマニアックなトークン・プロジェクトまでも網羅されており、公式サイトやdiscord・Telegramなどのコミュニティ、SNSアカウントへのリンクも確認できるので、新しい仮想通貨プロジェクトに参加する時は、こちらのサイトを経由してアクセスすると詐欺に引っかかるリスクを大幅に軽減できます。

仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap
時価総額別トップ仮想通貨の価格・チャートBitcoinをはじめとする、数千ものアルトコインの現在および過去のデータに無料でアクセス
CoinGecko: 仮想通貨価格及び時価総額
仮想通貨価格、マーケット概観、時価総額や取引高などの分析データを取得。
肉玉にゃんこ

どちらのサイトも検索からアクセスするのではなく、ブラウザのブックマークからアクセスすることで、フィッシングサイトに引っかかるリスクも避けられますにゃ〜
なので今すぐブックマークしておくことをオススメしますにゃ〜

本記事では、CoinMarketCapでの「コントラクトアドレス」の調べ方をご紹介します。

CoinMarketCapにアクセス

▼まずはCoinMarketCapのwebサイトにアクセスし、ページ右上にある検索(虫眼鏡マーク)をクリックして「コントラクトアドレス」を調べたいトークンのティッカーシンボルを入力します。

肉玉にゃんこ

今回は「SplinterLands」というブロックチェーンゲーム内通貨である「DEC(Dark Energy Crystals)」というトークンを例に進めていきますにゃ〜

▼「dec」と入力すると下記のようにいくつか候補が出てきますが、通貨の正式名称である「Dark Energy Crystals」とビジュアルで「SplinterLands」のトークンであると分かる候補をクリックします。

▼トークン詳細画面に移動するので、トークン名称の下にあるwebサイトやコミュニティのURLをクリックして、ちゃんと公式サイトに飛ぶかを確認しておきます。

▼確認して問題なければ、「コントラクト一覧」にあるアドレスが「コントラクトアドレス」なので、横の「アドレスをコピー」アイコンをクリックします。

これでトークンの「コントラクトアドレス」がクリップボードにコピーされました!

「コントラクトアドレス」をペースト

あとはウォレットDefiサービスに、コピーした「コントラクトアドレス」をペーストしたらOKです!

MetaMaskの場合は、「Import Token」「カスタムトークン」タブから「トークン コントラクト アドレス」のフォームにペーストします。

「トークンシンボル」以下は自動で入力されます

Uniswapの場合は「トークン選択」画面の「トークン名またはアドレス」フォームにペーストします。

おわりに

暗号資産の世界には「夢」も大いにあるものの、残念ながら「詐欺」も横行しまくっているのが現実なので、自分の身は自分で守るしかありません。

肉玉にゃんこ

詐欺を回避する術として、今回紹介した「CoinMarketCap」「CoinGecko」というwebサイトは「コントラクトアドレス」を調べる以外のシーンでもとても有用なので覚えておくと良いですにゃ〜

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント