【Excel】エクセルをPDFに変換する3つの方法【Windows】

IT
IT
この記事は約4分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はウィンドウズでExcelデータをPDFに変換する方法を3種類ご紹介するよというお話です。

肉玉にゃんこ

単一シートはもちろん、複数シートをまとめて一つのPDFにすることも可能ですにゃ〜
基本、特別なソフトも不要でExcel標準機能でできますにゃ〜

スポンサーリンク

PDFに変換する際の注意点

どの方法を使うにせよ、ExcelをPDFに変換する際に一点注意すべきことがあります。

それは編集画面通りにPDFにならない!ということです。

▼詳しくは下記記事で紹介していますので是非ご一読を。

ExcelデータをPDFに変換する方法【Windows】

それではまず、一番一般的なPDF変換手順をご紹介。

▼メインメニュー「ファイル」→「エクスポート」をクリックします。

肉玉にゃんこ

「エクスポート」が見当たらない場合は「その他…」の中に隠れているはずですにゃ~

「エクスポート」画面になるので「PDF/XPSの作成」をクリックします。

「PDF または XPS 形式で発行」ウィンドウが開くので、PDFの保存場所ファイル名を指定します。

ちなみに「XPS形式」とは、いわゆるAdobe「PDF」にMicrosoftが対抗して作ったMicrosoft版「PDF」で、機種やOSに依存せずどんな環境でも閲覧・印刷ができるというファイル形式です。

肉玉にゃんこ

ただ、圧倒的に「PDF」の方が普及しており、「XPS」は非常に影が薄い存在ですにゃ〜
ちなみに「XPS」とはXML Paper Specification」の略ですにゃ〜

「現在のシート」のみPDFにしたい場合

「現在のシート」のみPDFにしたい場合は、このまま「発行(S)」をクリックでOKです。

肉玉にゃんこ

指定した保存場所にPDFが生成されますにゃ〜

「複数のシート」を一つのPDFにしたい場合

複数シートを一つのPDFにしたい場合「オプション(O)…」をクリックします。

「オプション」ウィンドウが開くので「発行対象」「ブック全体(E)」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

肉玉にゃんこ

「ページ指定」とか「選択したシート」だけとか細かい設定もできますにゃ〜

「PDF または XPS 形式で発行」ウィンドウに戻るので、後は「発行(S)」をクリックで指定場所にPDFが生成されます。

その他のPDF変換方法

今回ご紹介した方法がデフォルト機能のみでできるし、手順的にも一番簡単だと思いますが、別の変換方法もご紹介。

「仮想プリンター」を使う

Windows10には標準で「Microsoft Print to PDF」という「仮想プリンター」がインストールされており、それを利用することでPDFを出力することができます。

肉玉にゃんこ

「印刷」時のプリンターを普段使っているプリンターから「Microsoft Print to PDF」に変更するだけでOKですにゃ〜

【オススメ】「ドラッグ&ドロップ一括書き出しツール」を使う

こちらはツール(インストール不要)を使いますが、Excelファイルをドラッグ&ドロップするだけでPDF変換ができるのでとてもオススメです。

ドラッグ&ドロップするだけで一括PDF書き出しができるツールのダウンロード・解説記事はこちらをどうぞ!

おわりに

仕事をしているとエクセルをPDFにする機会って結構多いですよね。

非常に基本的なことではありますが、だからこそ躓かないように要点はおさえていたいところです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント

タイトルとURLをコピーしました