IT

【メディアプレーヤー】モニターに複数の動画データを自動リピート再生させる方法

IT
この記事は約6分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はメディアプレーヤーを使ってパソコンなしでモニター(ディスプレイ)に複数の動画データを自動リピート再生させる方法についての解説です。

スポンサーリンク

やりたいこと

今回やりたいことは以下のようなイメージです。

  • モニターで複数の動画ファイルを連続でオートリピートさせる
  • 動画データは随時追加していく
  • オペレーションは最小に(電源をオンするだけ)

今回ご紹介する方法で(多少問題はありつつも)実現できます。

必要なもの

  • メディアプレーヤー(「400-MEDI020H」※HDMIケーブルは付属)
  • モニター or テレビ・ディスプレイ(HDMI入力 or AVケーブル入力)
  • 記録メディア(USBメモリ or SD(SDHC)カード
  • 動画データ
  • (モニターがAVケーブル入力のみの場合)AVケーブル

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」

今回の主役はこの「メディアプレーヤー」と言われる機器となります。

肉玉にゃんこ

メディアプレーヤーとは、パソコン不要で画像・音楽・動画などのデータを再生できる機器のことですにゃ〜

数あるメディアプレーヤーの中からチョイスしたのはこちら!

サンワサプライ株式会社さんの、名刺サイズ&重さ70gというかなりコンパクトなメディアプレーヤー「400-MEDI020H」です。

お値段が7,000円ちょいと少々割高な印象はありますが、国内メーカーという安心感と機能的には十分なのでこちらを選びました。

機能・スペックの詳細

製品の機能やスペック詳細は▼メーカーの公式サイトをどうぞ。

メディアプレーヤー(HDMI・MP4/FLV/MOV/MP3対応・USBメモリ/SDカード) 400-MEDI020Hの販売商品 | 通販ならサンワダイレクト
テレビとHDMIケーブルで接続して、パソコン不要でSDカードやUSBメモリのデータを再生できるメディアプレーヤー。連続再生、オートプレイ機能、リピート再生機能付き。【400-MEDI020H】ならサンワサプライが運営する「サンワダイレクト」の通信販売にお任せください。

動画だけでなく、音楽や画像(スライドショー)などにも対応しています。

▼オンライン取扱説明書はこちら。

https://direct.sanwa.co.jp/contents/torisetsu/400-MEDI020_m.pdf

動画データの準備

まずは再生したい動画データを用意します。

動画データ再生時にはパソコンは不要ですが、動画データを編集・作成時にはパソコンが必要です。

▼無料の高機能動画編集ソフトは「Shotcut(ショットカット)」がオススメです。

動画データが準備できたらUSBメモリの第一階層に動画データをコピーしていきます。

肉玉にゃんこ

USBメモリの第一階層というのは、USBメモリにアクセスした時に開いた状態のことですにゃ〜。
フォルダの中の動画データは無視されるので要注意ですにゃ〜

読み込める記録メディアはSDカードも対応してますが容量が最大でも32GBまでなので、今後動画データを追加する予定があれば大容量のUSBメモリの使用をオススメします。

筆者の場合、不定期ですが再生したい動画が追加で増えるのが確実に分かっているので256GBのUSBメモリを使用してます。

複数動画ファイルを連続で読み込み可能

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」記録メディアの第一階層にある動画ファイルを自動で連続して読み込んでくれます。

なので後から動画を追加したい場合でも、動画データを記録メディアに追加するだけでOKです!

複数動画再生の際は、動画データが切り替わる時一瞬黒い画面が表示されます。

複数動画を任意の順番で再生させることも可能

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」再生させる順番を指定することも可能です。

動画データのファイル名の冒頭に以下のように「数字」を付けると若い番号順に再生してくれます。

  • 01*******
  • 02*******
  • 03*******
  • 04*******
肉玉にゃんこ

ファイル名の昇順でソートをかけた順番で読み込まれるイメージですにゃ〜

ディスプレイとメディアプレーヤーを接続

再生したい動画ファイルをUSBメモリにコピーしたら、下図のように各機器を接続していきます。

接続に関しては特に難しいところはないですね。

ちなみにメディアプレーヤー「400-MEDI020H」にはHDMIケーブルACアダプターが付属しています。

オートリピート設定

全て接続したらメディアプレーヤー「400-MEDI020H」の付属リモコンの「POWER」ボタンで電源オンにして、下記の設定を行います。

「設定」>「オートプレイ」>「映像」

以上で設定完了です!

以後は、電源をオンにするだけで自動でUSBメモリの第一階層にある動画ファイルが連続リピート再生されるようになるはずです。

基本のオペレーションは、モニターの電源とメディアプレーヤーの電源オン・オフのみで非常に簡単なので誰にでもできますね。

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」本体には電源スイッチがないので、リモコンでしか電源操作はできません。

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」の不満点

メディアプレーヤー「400-MEDI020H」のおかげでかなり理想に近い形で動画のオートリピートが実現できたのですが、少々不満点もあります。

時々「読み込みエラー」になる

メディアプレーヤーを電源オンにすると通常は数秒後に動画再生が始まるんですが、たまに「読み込みエラー」という表示になり、動画が再生されないことがあります。

とりあえず電源を入れ直したり、ACアダプタを抜き差しすると直るのですが、メディアプレーヤー本体の問題なのか、USBメモリ側の問題なのかハッキリ分からず…

電源ボタンがリモコンにしかない

前述もしましたが、なぜかメディアプレーヤー本体に電源ボタンがない仕様となってます。

つまり、リモコンを紛失すると電源操作ができなくなるということ!

リモコン単体の購入もできるようですが、ちょっとなんだかなぁ…という気もします。

400-MEDI001/MEDI020シリーズ専用リモコン 400-MEDI001Pの販売商品 | 通販ならサンワダイレクト
サンワサプライ製400-MEDI001、400-MEDI020A、400-MEDI020H専用リモコン【メディアプレーヤー】のサンワ ダイレクトの通信販売!

おわりに

なんだかんだ書きましたが、筆者のようなニーズがある場合は便利に使えるメディアプレーヤーです。

また、よほど古いモニターやテレビでない限りはHDMIかAVケーブル対応であれば使えるので、眠っているモニターをデジタルサイネージとして使うこともできるし、店頭だけでなく展示会やプレゼンなど、1個あれば色々なシーンで役に立つかと思います。

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント