「お名前.com」のドメインを解約するまでの一部始終

WEB / アプリ

「お名前.com」のドメインってどうやって解約するのかにゃ?

という疑問をお持ちの方に向けた記事となります。  

とっちゃん@nyanco! です。 

「お名前.com」で取得していた「.work」というドメインを解約したのでその一部始終をお届けします。

スポンサーリンク

ドメインを解約しようと思った理由

まず、なぜドメインの解約をしようと思ったのか?その理由は2つ。

  • ドメイン取得時に「whois情報公開代行」のチェックを入れるのを忘れていた
  • 該当ドメインが全くアクセスがない状態だった(悲しいですが)

1個目の理由は、「お名前.com」の情報弱者に向けた罠に見事に引っかかってしまった結果です。

▼詳しくは下記ブログ様が詳しいです。
whois情報公開代行って必要?設定しないデメリットを紹介 | サバが教えるレンタルサーバー選び方講座

2個目の理由は、不幸中の幸いという感じでしょうか。
正直、アクセスのあるサイトのドメインだったら解約の決断ができなかったと思います。

「お名前.com」が嫌なら他のドメイン会社にドメインを移管するという手もあるのですが、この「.work」というドメインは移管対象外だったのです。

そもそも「whois情報公開代行」とは

まず「whois情報」とは、ドメイン取得者が義務としてインターネット上に公開しなければならない個人情報のことです。

▼下記のような「WHOIS情報検索サイト」で簡単にドメイン取得者の情報が確認できます。
WHOIS検索 | ドメインの所有者情報を簡単検索 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited

例として楽天市場の「rakuten.co.jp」で検索してみるとこんな感じです。

法人や企業なら気になりませんが、個人でドメイン取得した場合はもろに個人情報(氏名・住所・連絡先など)が誰にでも見れる状態になるというわけです。

その公開しなければならない個人情報をドメイン会社の情報で代用できるのが「whois情報公開代行」というサービスです。

個人でドメインを取得するなら必須といえるこの「whois情報公開代行」サービス、ほとんどのドメイン会社は無料で設定できるのですが、「お名前.com」だけはなぜか無料で設定できるのはドメイン取得時のみという制限があります。

ドメイン取得後に「whois情報公開代行」を設定しようとすると、年間980円(税抜)が毎年かかるようになるという地味に恐ろしいシステムです。

そして「whois情報公開代行」の設定をしていないと「あなたの個人情報が公開されています」といった内容のメールが毎日届き、不安を煽ってきます。

やり方が悪質ですね…

もし手放したくないドメインだったなら、+年間980円のランニングコストを泣く泣く支払い続けることになっていたかも…

ドメインの解約方法

さて、解約と決まればさっさと解約してしまいたいですよね。
しかし、ドメイン管理画面を調べてもそれらしい手続きができるメニューが見当たらず…

仕方なく「お名前.com」のドメインを解約するには?と調べてみると、ヘルプページに答えがありました。
【ドメイン】ドメインを解約したい|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com

どうも「解約」という手続きはなく、「更新」をしなければ一定期間後、勝手に解約になるという仕組みのようです。

他のドメイン会社はちゃんと「解約手続き」ができるのに、この辺も「お名前.com」の独自システムでかなり不親切な気がしますね。

しかもその間はずっと個人情報が公開され続けているわけだし…

さらに次のように「急いで更新してください」的なメールが毎日のように届きます

解約するんだから全部無視で良いんですが、気持ちは良くないですね…

ドメイン解約までの道

「お名前.com」のドメイン解約までの道のりは長いです。

ドメインの更新日を過ぎても即解約にはならず、「更新猶予期間」やら「復旧猶予期間」という一定期間が設けられているからです。

▼「更新猶予期間」「復旧猶予期間」についてはこちら。
【ドメイン】ドメインの登録期限が切れてしまいました。復旧はできるのでしょうか?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com

上記ページによると、「.work」ドメインは「更新猶予期間」と「復旧猶予期間」が下記のようになってました。

更新猶予期間:登録期限日( Expiration Date ) + 41日
復旧猶予期間:更新猶予期間終了 + 19日(カード決済)

つまり登録期限日(更新期限日)が「2019/08/01」なら、ドメインが解放されるのは、

「2019/08/01」+「41日」+「19日」=「2019/10/01」

あたりになるということです。

更新期限日から実に2ヶ月もの間、解約したくともできない仕組みはどうなのでしょう。。

ドメインの更新手続き忘れ時の猶予期間という建前なのでしょうが、この間も個人情報は公開され続けるわけですしね…。

しばらく管理画面には次のような表記で残り続け…

更新期限日から約40日後にようやく管理画面から該当ドメインが消え、解約ができたようです。

2ヶ月はかからなかったものの、とても長い道のりでした…

ドメイン解約後、一般が取得できるようになるのはいつ?

とりあえず、悶々としながらもドメイン解約はできました。

解約できたということは誰でも取得できる状態になっているのかな?と思いドメイン検索してみたところ、

まだ駄目のようでした。
ちなみに他のドメイン会社で検索しても同じくです。

既に他の誰かが取得してしまった可能性もありますが、しばらく毎日確認し続けることにします。

また取得できるのを確認できたら更新したいと思います。

2019/11/04更新
本日ようやく取得できるようになったのを確認しました!

登録期限日(更新期限日)が2019/08/01だったので、そこからおよそ3ヵ月かかりました。

長いですね~。

ドメインとはこうゆうものなのか、それとも「お名前.com」だからなのか…

まぁ個人的にはもう二度とお世話になることはないでしょう。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント