【雑記】身体の不調は主張すべきだと悟ったよ

この記事は約2分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回は身体の不調は周りにアピールすべきだと悟ったよというお話です。

腱鞘炎になって約3ヵ月。

長引くと覚悟はしていましたが、本当になかなか治りません。

少しマシになったり、また痛みがひどくなったりの繰り返し。

そんな中ですが、改めて気付いたことが。

以前書いた記事でも同じようなことは書きましたが、「身体の不調は周りに主張すべき!!」ということ。

テーピングで主張したり、ことあるごとに「腱鞘炎なんです」とアピールしたり。

その結果どうなったのかと言うと、

明らかに振られる仕事量にセーブがかかるようになりました。

周りがサポートしてくれるようになったとも言えるし、「こいつは使いにくい」という評価になったのかも知れません。

今までの私はそう思われるのを避けるため、多少の体調不良は黙って頑張るタイプでしたが、40代になり最近はそれは違うと思うようになってきました。

だって無理して身体を壊したら元も子もないし。

(腱鞘炎を長期間こじらしてる時点でもう壊れてるとも言えますが ^^;)

労災と認められたら会社は多少のお金は払ってくれるでしょうが、いくらお金があろうと一度壊れた身体は元には戻せないですからね。

日常生活は送れるものの、しょっちゅう病院に行かざるを得ない身体になってしまった人が身近にいるから尚更強く思います。

仕事ももちろん大切ですが、自分の健康を引き換えにしてまで頑張ろうとは思いません。

自分が本当にやりたい事なら話は別ですが。

あとは、こんなご時世ですから会社への依存度を少しずつでも減らしていきたいですね。

そのためには自分のスキルアップが必須だと思うので、そこを主軸にして引き続き頑張って参ります。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント