【TwitFi】パソコンでPowderふりかけを自動化してみたよ【無料】

WEB / アプリ
WEB / アプリ
この記事は約7分で読めます。

とっちゃん@nyanco! です。

今回はパソコンでTwitFiのPowder(パウダー)をバードNFTにふりかける作業を自動化してみたのでそのやり方を共有するよというお話です。

肉玉にゃんこ

Chrome拡張機能を使うのでWindows、macOS問わず使えますにゃ〜

本記事で紹介した情報に基づいて生じたいかなる損害・損失(自動化ツールを使ったことによるTwitFi運営からのペナルティ・アカウントBAN等)については一切責任を負いません。使用する際はあくまで自己判断、自己責任の元でお願いいたします。

スポンサーリンク

注意点

まず、本記事で紹介する方法は簡易的な自動化手法なので下記の注意点があります。

TwitFi DAppサイトのレイアウト・UI変更などに注意

自動でクリックするボタンなどは「テキスト」基準で指定しているため、TwitFi DAppサイトのレイアウトが多少変わっても大丈夫な作りにはしていますが、大きな変更があると意図しない動きになってしまう恐れがあります。

肉玉にゃんこ

テキスト基準で動作するので限りなく可能性は低いとは思いますが、最悪「ピンクハーブ」や「水」などの貴重なアイテムを意図しない対象に使ってしまう恐れがありますにゃ〜

なので自動化を走らせる時は事前にメニュー位置などが大きく変わってないかを確認し、実行スピードを落とした上(方法は後述)でしばらく自動作業を自分の目で確認することを激しくオススメします。

TwitFiのPowderふりかけ自動化方法

事前準備

事前準備として、自動化するには下記環境が必要です。

  • Chromeブラウザ(Edge、Brave、FireFoxでもOK)
  • 拡張機能「Selenium IDE」
肉玉にゃんこ

「Selenium IDE」とはブラウザ操作に特化した自動化ツールですにゃ〜
ブラウザ拡張機能なので導入するのはめちゃくちゃ簡単ですにゃ〜

「Selenium IDE」は下記chromeウェブストアから無料でインストール可能です。

Selenium IDE
Selenium Record and Playback tool for ease of getting acquainted with Selenium WebDriver.

自動化処理内容

本記事のPowderふりかけの自動化は、Selenium IDEを使って下記手順を自動化しています。

  1. TwitFiの「Asset」ページを開く
  2. 「Asset」ページ「Items」タブに切り替える
  3. 「Powder」「Use」ボタンをクリック
  4. 「Select Bird」をクリック
  5. 初期設定(後述)した名前の「バードNFT」をクリックして「Confirm」ボタンをクリック(ページに表示されてなければ表示されるまでページ送り回数設定要)
  6. 「Use」ボタンをクリック

上記の動作「2.」〜「6.」を任意の回数(デフォルトでは5回)繰り返して終了する、といった内容です。

Selenium IDE プロジェクトの読み込み

それでは具体的にPowderふりかけ作業を自動化する方法のご紹介です。

Selenium IDEは作成した自動化処理を「Project」という単位でファイルに保存・読み込みすることができるので、すぐに自動化処理を試してもらえるようにまずはそのファイルを共有します。

▼下記よりProjectファイルをダウンロードしてください。

「TwitFi-tool-v2」Projectファイルをダウンロードする

肉玉にゃんこ

「TwitFi-tool-v2.side.zip」という圧縮ファイルがダウンロードされるので解凍してくださいにゃ〜

▼続いてTwitFiアプリにログインした状態「Selenium IDE」の拡張機能アイコンをクリックします。

▼下記のようなウィンドウが開くので「Open an existing project(既存のプロジェクトを開く)」をクリックします。

▼ここで先程ダウンロードして解凍した「TwitFi-tool-v2.side」ファイルを選んで開きます。

▼下記のようなウィンドウが開いたら自動化(RPA)準備完了です!

自動化を実行する前に簡単に下記ウィンドウの解説をします。

①「再生ボタン」をクリックで自動処理実行②「タイマーボタン」自動処理実行スピードの調整ができます。

②の実行スピードの調整はデフォルトでは「Fast」MAXで最速になってますが、初めて使う時などは少し遅めにして目で動作確認をした方がベターです。また、実行速度が早すぎるとページの読み込みが追いつけずエラーになったりもします。

▼意図しない動きになった場合は、下記いずれかのボタン(①停止、②一時停止)をクリックで自動化作業をストップできます(ボタンは再生中に表示されます)。

初期設定

まず初期設定として下記3つの項目を設定する必要があります。

  • PowderをふりかけるバードNFTの名前
  • Powderをふりかける回数
  • ページ送り回数(後述)

「TwitFi-tool-v2」には2つの自動化プログラムがセットされてますが、本記事で使用するのは「powder-furikake」の方なのでクリックします。

→「mint-powder」については「パソコンでPowderミントを自動化してみたよ」の記事にて解説しています

▼下記のように初期設定すべき3箇所に「★」マークをつけています。

▼まず①「★バードNFT名前設定」をクリックすると下に表示される②「Target」の欄にパウダーをふりかけたいバードNFTの名前を入力またはコピーペーストします。

▼名前は各バードNFTの欄に表示されている下記テキストとなります。

肉玉にゃんこ

名前は完全一致である必要がありますにゃ〜
名前がデフォルトのままの場合はコピペすることをオススメしますにゃ〜

▼続いて①「★ふりかけ回数設定」をクリックすると下に表示される②「Target」の欄にパウダーをふりかけたい回数を半角数字で入力します。

デフォルトは「5回」としてます。ここの数字回数分ふりかけ作業を繰り返すようになっています。当然ですが、所有するPowderの数以上の設定をしてもPowderがなくなった時点で作業はストップします。

▼最後の設定として①「★ページ送り回数設定」をクリックして下に表示される②「Target」の欄にページを送る回数を半角数字で入力します。

dでデフォルトは「0」、つまりページ送り回数なしとなっています

そもそもページ送りとはなんぞや?なんですが、PowderをふりかけるバードNFTを選択するページのことです。

自動化対象はここに表示された3羽しか認識されません。表示されてないバードNFTにふりかけをしたい場合は下記ページ送りボタンをクリックして表示された状態にする必要があるので、ボタンをクリックする回数を予め確認してその回数を「Target」に半角数字で入力してください。

肉玉にゃんこ

もともと表示された3羽の中にふりかけしたいバードNFTがいる場合はページ送り回数なしということでデフォルトの「0」のままでOKですにゃ〜

プロジェクトを変更するとプロジェクトファイルの保存が求められますが、保存するかどうかは任意でOKです。

Powderふりかけ自動化方法

▼初期設定ができたらあとは「再生ボタン」をクリックするだけでOK!

肉玉にゃんこ

くれぐれもはじめはスピードゆっくりで意図通りの動きになっているか目視で確認必須ですにゃ〜

Selenium IDEの繰り返し処理に関して詳しく知りたい方は下記記事をどうぞ!

自動化の様子はこちら

▼以下、実際にSelenium IDEを動かした様子です。

肉玉にゃんこ

分かりやすいようにかなりスローで実行してますにゃ〜

おわりに

自動化はめちゃくちゃ楽!ですが、その分リスクもあるのでくれぐれもあくまで自己判断でお使いください。

肉玉にゃんこ

何か不具合・要望などがありましたらコメントいただけましたら可能な範囲で対応いたしますにゃ〜

本記事がどなたかの参考になれば幸いです。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

コメント